30分のSAN値競争!『ポケット・マッドネス』4月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは4月28日、クトゥルフ神話がテーマのフランスのカードゲーム『ポケット・マッドネス(Pocket Madness)』日本語版を発売する。デザイン・B.カタラ&L.モーブロン、イラスト・M.ルセンヌ、2~4人用、8歳以上、30分、2000円(税別)。

オリジナルはファンフォージ社(フランス)から2016年に発売された作品。『Mr.ジャック』『プゥー』『ダイス・スター』など、短時間でも遊びごたえのあるボードゲームを発表してきたフランス人コンビがデザインした。

このゲームでプレイヤーは古き神々の崇拝者となり、信憑性のありそうな噂話をもとに、不穏な空気が漂う場所を調査し、古き神々にたどり着くことを目指す。謎を解く鍵を揃えることができれば、古き神々のもとへと向かうゲートが開かれるだろう。しかし、人智の理解をはるかに超える力を持つ者たちの前に、一歩間違えれば、狂気に彷徨うことになる。できるだけ長く正気を保って勝者になるのは誰だろうか。

手番には場札からカードを取るか、同じ種類のカードを出してゲートを開き特殊能力を手に入れるか、数字の高いカードを捨ててほかのプレイヤーに狂気トークンを取らせるかの三択。誰かの手札か場札がなくなるとラウンド終了で、残った手札に応じて狂気トークンが授受される。こうして誰かの狂気トークンが10枚以上になったらゲーム終了で、狂気トークンの少ないプレイヤーが勝利する。

特殊能力はゲームに逆転をもたらし、正気の瀬戸際をめぐってスリルある展開が楽しめるだろう。

内容物:場所カード63枚、ゲートカード7枚、狂気トークン40個、説明書1冊(カードサイズ:70×120mm)

ポケット・マッドネス日本語版(コンポーネント)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください