ニット・ウィット(Knit Wit)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

黄色くて、平面で、愉快なもの?

ニットウィット

紐の輪にタグを付けて、重なるもの全てを満たすものを考えて発表するひらめきゲーム。『パンデミック』のデザイナー、M.リーコックがデザインした作品で、シンプルなルールで多人数で盛り上がれるパーティーゲームである。

まずは問題作成を全員で行う。糸巻を囲むように紐の輪を置き、囲んだ紐の輪に「生きている」「神秘的」などのワードタグをつける。複数の紐の輪の重なり合うところが糸巻が置かれると、論理学のベン図のように、その全てを満たすものを考えなくてはいけない。紐の輪が多い糸巻ほど問題は難しくなり、得点も上がる。

問題作成が終わったら、糸巻の番号を見て解答用紙に記入する。書き終わるか、難しい問題を書くのを諦めた人からボタンを取って抜け、4つのボタンが取られたら発表タイムとなる。ここからがゲームのメイン。

各自が何を書いたか発表し、異議がなければ得点。異議がある場合は「ニットウィット!」と言って、解答者の説明を受け、多数決で判定する。こうして全ての糸巻について全員が発表し、通った回答の得点と、ボタンのボーナス得点を合計して勝敗を競う。

紐の輪1本の問題なら余裕だと思うかもしれない。しかしここに「他の人とかぶったらアウト」というルールが効いてくる。典型的なものを外したつもりが、他の人も同じことを考えていたなんてこともしばしば。得点にはならないが、気が合う仲間が見つかるだろう。

8人で約30分。メンバーによって盛り上がり方が変わり、カジュアルプレイヤーであればうまいことを言って笑う大喜利ゲーム、フリークであれば遊びのないガチな心理ゲームになる。3本、4本と紐が増えるにつれてチャレンジングになっていくのが、やりがいがあって悩ましい。

冒頭のお題の答えは以下のようなものだった。「卵焼き」「なんで愉快なのか分からない、バツ」「アンパンマンのマント」「黄色じゃないでしょ、バツ」「折り紙」「なるほど!、マル」「黄ばんだ一反もめん」「(笑)、OK!」

Knit Wit
デザイン・M.リーコック/イラスト・P.グエリン
フィロソフィア(2016年)+ホビージャパン
2~8人用/8歳以上/15分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください