アラカルトカードゲーム賞2017に『ル・ポイリュ』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ドイツのボードゲーム専門誌『フェアプレイ』は本日、ウェブサイトにてアラカルト・カードゲーム賞2017を発表した。識者の投票によって、『ル・ポイリュ(Le Poilus)』が1位に選ばれたほか、日本人作品『タイムボム』のドイツ語版『恐怖の古代寺院』が5位に入賞している。

『ル・ポイリュ』は、CMON社から"The Grizzled(白髪まじり)"というタイトルで2015年に発売されたカードゲームのドイツ語・フランス語版。第一次大戦をテーマにした協力ゲームで、日本での一般発売はまだないが、昨年の受賞作『世界の七不思議:デュエル』と同様、ドイツ年間エキスパートゲーム大賞で推薦リストに入っている。

2位はドイツ年間ゲーム大賞で推薦リストに入り、日本語版の発売も予定されている『フルーツジュース』、3位はボードゲーム版よりも重厚と評判の『炭鉱讃歌カードゲーム』が入った。日本人作品は一昨年の『街コロ』(1位)と『セイルトゥインディア』(4位)、昨年の『小早川』(8位)が入賞しているが、今年も『タイムボム』のドイツ語版である『恐怖の古代寺院』が5位に入賞した。

現在、ドイツ・エッセンで行われているボードゲームメッセ「シュピール」内のフェアプレイブースにて、表彰状がフェアプレイ誌の記者W.フリーベ氏(写真右)からスイーツゲームズのD.ジャコビー氏(写真左)に手渡された。

alacarte2017.jpg

『ル・ポイリュ』はフランスの出版社の製品であるため、ドイツでは流通が薄く、シュピール会場内でもほとんど販売されていない(管理人は3番ホール入ってすぐのSpieleburgで購入)。

【アラカルトカードゲーム賞2017】
1位:ル・ポイリュ(Les Poilus / F.リフォード&J.ドロリゲス / スイートゲームズ)
2位:フルーツジュース(Fabelsaft / F.フリーゼ / 2Fシュピーレ)
3位:炭鉱讃歌カードゲーム(Glück Auf! Kartenspiel / W.クラマー&M.キースリング / エッガートシュピーレ)
4位:フッチカート(Futschikato / F.フリーゼ / 2Fシュピーレ)
5位:恐怖の古代寺院(Tempel des Schreckens / 佐藤雄介 / シュミット)
6位:ドデリド(Dodelido / J.ゼメ / ドライマギア)
7位:ボーナンザ・デュエル(Bohnanza - Das Duell / U.ローゼンベルク)
8位:ファイブミニッツダンジョン(5-Minute Dungeon / C.レイド / コスモス出版)
9位:センチュリー:スパイスロード(Century: Die Gewürzstraße / E.マツウチ / アバクスシュピーレ)
10位:ミスティックベール(Mystic Vale / J.D.クレア / ペガサス)

À la carte Preis 2017: Les Poilus aka The Grizzled

リンクフリー このバナーをお使いください