『スパイネット』日本語版、11月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは11月上旬、『スパイネット(SpyNet)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ガーフィールド、2~4人用、14歳以上、30分、2500円(税別)。

『キング・オブ・トーキョー』『バニーキングダム』と、ボードゲームのデザインでも注目されているR.ガーフィールドの新作。現代の諜報戦がテーマで、ズィーマンゲームズ(カナダ)から今秋発売される。

プレイヤーはスパイマスターとなり、チームメイトと連携して、さまざまな諜報部門のエージェントを雇い、重要な極秘任務を遂行する。賢明なプレイと協調によって、機密情報の世界の支配的勢力になろう。

手番中、プレイヤーはエージェントカードや、得点となる任務カードを獲得するか、またはそれらのカードをプイする。諜報には「執行」「潜入」「防諜」「技術」の4つの部門があり、任務カードは、自分(自陣営)が支配している部門にしかプレイできない。エージェントの特殊能力を駆使して、敵のエージェントの寝返りや暗殺、追加のカードの獲得やプレイなど、自陣営に有利になるように各部門を支配していく。

4人プレイの場合は2対2のチーム戦、2~3人の場合は個人戦となる。またオプションの「情勢カード」を使用することで、ゲームごとに異なったルールでプレイすることも可能。カードドラフトの要素もあり、チーム内協力や敵対組織との駆け引きも熱い、諜報戦カードゲームだ。

ゲームの内容物:エージェントカード34枚、任務カード32枚、資金調達カード10枚、情勢カード8枚、部門トークン16枚、ルールブック

スパイネット日本語版(コンポーネント)

リンクフリー このバナーをお使いください