名作TRPGをカードゲーム化『パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還』日本語版、1月13日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pathfinderrJ.jpgアークライトは1月13日、名作TRPGに基づく協力型カードゲーム『パスファインダー・アドベンチャー:ルーンロードの帰還(Pathfinder Adventure Card Game: Rise of the Runelords)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.セリンカー、イラストN.ブラドリー&V.ドゥトレイト、1~4人用、13歳以上、90分、8500円(税別)。

名作TRPG『パスファインダー』の世界観でプレイする協力型の戦略カードゲーム。2013年にTRPG版の版元であるパイゾ出版(アメリカ)から英語版が発売され、これまで7ヶ国語で発売されている。

「忘れ去られし悪が、古の地ヴァリシアでうごめいている。崩れ行く廃墟で暗黒の魔術が再びうなりをあげ、巨人どもは恐るべき軍団を組織している。狂信者は邪な神の名において殺戮を行い、執念深いゴブリンたちは平和な町サンドポイントを焼き払おうと、邪悪な計画を練っている。」1~4人の勇者が罠、怪物、悪辣な魔術、卑劣な敵に立ち向かう。

メインシステムはデッキ構築。プレイヤーはキャラクターによって異なるスキルカードをデッキに入れてプレイする。味方や呪文、武器やアイテムを獲得し、規定手番数の中で敵を見つけて倒さなければならない。強さなどはダイスで決められる。キャラクターのデッキはゲーム毎に成長し、より強力な敵に立ち向かえるようになる。

このパッケージには基本セットと、拡張《ルーンロードの帰還》第1章「燔祭の儀式」用冒険パックが入っており、今後発売予定の追加勇者パックや、第2~6章以降の冒険パックを追加することで《ルーンロードの帰還》の世界をより深く堪能することができる。

内容物:冒険行路《ルーンロードの帰還》で共通して使用するカード385枚、冒険行路《ルーンロードの帰還》第1章「燔祭の儀式」用の冒険パック110枚、多面体ダイス5種類1セット、ゴブリン・プロモカード:12枚(カードサイズ:63×88mm)

pathfinderrJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください