住みよい惑星を作ろう!『リワールド』日本語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、ドイツの宇宙開拓ゲーム『リワールド(Reworld)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・W.クラマー&M.キースリング、2~4人用、12歳以上、50~90分、6000円(税別)。

『ティカル』『トーレス』などドイツ年間ゲーム大賞を数多く受賞しているクラマー&キースリングのコンビによる新作で、今秋にエッガートシュピーレ(ドイツ)から発売された。惑星エウリュビアへの「リワールド」計画を遂行する。先遣隊としてこの惑星に到着したプレイヤーたちは、これからやってくる移民船団に備え、エウリュビアを居住可能な惑星にして、名声をあげよう。

ゲームは2つの章にに分かれ、第1章はエウリュビアを居住可能にするために必要なモジュール(地球化ロボット、衛星、シャトル、建設チーム)を手に入れる。そのモジュールを母艦にドッキングさせてラインを作る。第2章は開拓で、モジュールを逆順で発艦させて都市を設立したり、防衛網を構築したり、入植者を集めたりする。多くの入植者を集めることで得点が入り、勝敗を決める。

長期と短期の戦略が噛み合わなければ勝つことはできない。ストーリー性もあいまって没入感を楽しめる作品だ。

内容物:ゲームボード1枚、母艦4枚、船員カード30枚、モジュールタイル100枚、都市標識20枚、移民船14枚、最終移民船1枚、得点マーカー4枚、布袋1つ、スタートプレイヤーマーカー1つ、ラウンドマーカー1枚、ルールブック1冊

リンクフリー このバナーをお使いください