『「ぷっ」すま』でボードゲーム部

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テレビ朝日系で2月9日に放送された深夜バラエティ番組『「ぷっ」すま』で「ボードゲーム部」が登場し、MCの草彅剛氏、ユースケ・サンタマリア氏がいけだてつや、矢口真里、阿曽山大噴火の各氏がプレゼンしたボードゲームを楽しむ様子が放映された。

「ボードゲーム部」コーナーは3人がボードゲームを1タイトルずつ紹介し、MCとゲストの2人(藤本敏史氏、足立梨花氏)が試しに遊んでみて判定。アンコールが出ればもう1回遊んで、最後に大賞を決めるという構成で行われた。

ボードゲームの流行としてJELLY JELLY CAFE、すごろくや、アソビCafeが写真で紹介された後、トップバッターのいけだてつや氏が紹介したのは『シークレットミッション(In geheimer Mission、2012年ハバ(ドイツ)、すごろくや品切中)』。ほかのプレイヤーが騒音を立てる中、カードの内容を記憶するゲームで、足立梨花氏がチャレンジした。犬の鳴き声で盛り上がったが、どちらも疲れるということで終了。攻めたチョイスではあったが、いけだ氏はこのようなゲームも「ボードゲーム」と呼ばれると解説したところが注目される。

にわかではないかと疑われた2番手の矢口真里氏は『スピードカップス(Speed Cups、2013年アミーゴ(ドイツ))』を紹介。カードのイラスト通りの順序でカップを並べたり積み重ねたりするリアルタイムアクションゲーム。ユースケ・サンタマリア氏と藤本敏史氏が本気で熱い戦いを繰り広げた。

最後は阿曽山大噴火氏が『私の世界の見方(Wie ich die Welt sehe...、2015年テンデイズゲームズ、オリジナルは2004年ファタモルガーナ社(スイス))』を紹介。お題カードの空欄に合うワードを皆で出して選んでもらうゲームで、深夜番組らしいアダルトな展開になった。これが参加者に好評で、「ぷっすまボードゲーム大賞」に選ばれた。

テレビ朝日:『ぷっ』すまボードゲーム部

リンクフリー このバナーをお使いください