商品が循環する競りゲーム『ビザンツ』日本語版、3月19日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ニューゲームズオーダーは本日、カードゲーム『ビザンツ(Byzanz)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・E.オルネラ、イラスト・D.マテウス、3~6人用、8歳以上、45分、2000円(税別)。

イタリア人ゲームデザイナーのオルネラが制作し、2008年にアミーゴ社(ドイツ)から発売された作品。当時はメビウスゲームズが『ビザンチン』というタイトルで輸入版を取り扱っていた。昨年、ラウタペリト社(フィンランド)が再版したのに合わせて日本語版も制作された。イラストはD.マテウスのままだが、パッケージ絵が変更されている。

手札から競りで商品カードを集めて、同じ種類が揃ったら得点になる。全員1ラウンドに1回ずつ競り落とせるが、5人ならはじめの人は5枚、次の人は4枚......と後になるほどカードが減っていく。最後の人はたった1枚しかもらえないが、支払いに使ったカードをもらうときは、先に取ることができる。

競りで獲得するカードも、支払いで使うカードも商品カードなので、競りに熱くなりすぎても、節約しすぎても商品が集まらないことになる。全員がパスするとスタートプレイヤーが無料でカードを獲得してしまうルールや、どの種類のカードとも組み合わせられる商人カードもあり、緊迫した競りの駆け引きが楽しめるカードゲームだ。

内容物:商品カード96枚(6種類×16枚)、商人カード16枚、セットカード6枚、ビザンツの市場ボード

New Games Order:ビザンツ
pgdb評価コメントリスト:ビザンツ

リンクフリー このバナーをお使いください