3分で正体を見極めろ!『ワンショット・キル』日本語版、4月26日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

crossfireJ.jpgアークライトは4月26日、正体隠匿ゲーム『ワンショット・キル(Crossfire)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.マツウチ、イラスト・J.ズィー、5~10人用、14歳以上、10分、2000円。

『センチュリー:スパイスロード』のマツウチがデザインし、プラッドハットゲームズ(アメリカ)から昨秋発売された作品。2つのモードで楽しめる短時間・多人数・リアルタイムの推理ゲームだ。

クロスファイアモードでは2チームに分かれ、赤チームはVIPを探し出して撃つことを、青チームはそれを守ることを目指す。各プレイヤーに配られた役割カードを何枚か見た後、砂時計が落ちるまでの3分間に議論をし、一斉に撃ちたい人を指差す。銃を持っている役割のプレイヤーがVIPを指さしていれば赤チームの勝利となるが、エージェントがその前に阻止することもある。

スナイパーモードでは、1人が公開のスナイパーとなり、ほかのプレイヤーのヒントから時間内に暗殺者全員を撃つことを目指す。暗殺者全員が倒されれば青チームの勝利、誤ってVIPなどを撃ってしまうと赤チームの勝利となる。

勝負がつくのは一瞬。相手の嘘を見抜き、目的を達成できるだろうか。

内容物:役割カード19枚、狙撃カード3枚、砂時計1個、ルールブック1冊(カードサイズ63.5×89mm)

crossfireJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください