『ウノ』の次はこれ!『ドス』日本語版、8月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

マテル・インターナショナルは8月上旬、カードゲーム『UNO(ウノ)』の兄弟となる新しいカードゲーム『DOS(ドス)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・N.ヘイズ、2~4人用、7歳以上、30~45分、1000円(税別)。

スペイン語で「2」を意味するタイトルの通り、「2」をテーマにしたカードゲーム。『ウノ』と同じゴーアウト系(手札を先になくしたら勝ち)だが、場のカードが2つになり、カードの数字の合計が場のカードと一致するときに2枚一緒に捨てることができる。また、最後の2枚になったときに「ドス!」と叫ばなければならない。

手番には、2つの場札のいずれか、または両方に対し、手札から同じ数字のカードを出すことができる。1枚が色も数字も同じだった場合にはボーナスとして手札から1枚を捨てることができ、2枚とも同じだと、さらにほかのプレイヤーに1枚引かせることができる。

どんな数字にもなれる「ワイルド#」カードや、何色にもなれる「ワイルドDOS」カードも入って手札マネージメントの要素が上がり、『ウノ』とは異なる戦略性のある作品だ。

『ウノ』の発売から今年で47年。今後『トレス』『クアトロ』とシリーズ化されていくのか気になるところだ。

リンクフリー このバナーをお使いください