クラマーの名作をリメイク『ダウンフォース』日本語版、8月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

downforceJ.jpgホビージャパンは8月下旬、W.クラマーの往年の名作をリメイクしたオークション&レースゲーム『ダウンフォース(Down Force)』日本語派を発売する。ゲームデザイン・W.クラマー&R.ダビオー&J.D.ジェイコブソン、イラスト・T.コバーン&M.クランプトン、2~6人用、8歳以上、30分、5000円(税別)。

リメイク元は『ニキ・ラウダのF1(Niki Lauda's Formel 1、1980年)』。後にドイツ年間ゲーム大賞を何度も受賞することになるW.クラマーが初めて同賞にノミネートされた作品で、その後、『トップレース(Top Race、1996年)』として再ノミネート。何度もリメイクされて今日に至っている。今回の日本語版はイエロ社(フランス)の2017年版によるもの。

タイトルは空力で走行するマシンを地面に押し付ける力のこと。百万ドルのレースカーがトラックを回る最中に賭け金をつぎ込む。最高の賞金を手に入れるのは誰か。

ラウンドのはじめに手札を見て、どのレースカーが勝ちそうか考え、競りでオーナーを決める。レースカーは、次いで手札のスピードカードを使って進める。3つのチェックポイントで、どの車が上位でゴール通過するかの順位を予想。この予想の当落と、自分の競り落としたレースカーの順位に応じて賞金を獲得する。

各プレイヤーは、移動などのルールを変更する独自の能力カードをもっており、レースを有利に進めることも可能だ。コースはところどころ狭くなっており、「前の車でコースを塞がれると進めない」ルールによって渋滞も発生する。レースの勝敗は、予想だけでなく巧みなコース取りによっても変わるだろう。

コンポーネントも見やすく一新され、カーブひとつ、カード一枚が運命を分ける、友人同士からファミリーまで楽しめる手に汗握るレースゲームだ。

内容物:ゲームボード(両面印刷)1枚、(リバー・ステーションとマリーナ・ベイの各コース)、レースカー駒6個、カード54枚、ドライバータイル6枚、スコアシート1冊 他

downforceJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください