声量を調節して投げ倒す『さけべ!トントンボイス相撲』発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

メガハウスは21日、『さけべ!トントンボイス相撲』を発売した。1~4人用、6歳以上、3980円(税別)。

「世界ゆるスポーツ協会」の競技「トントンボイス相撲」をベースに商品化したもの。本体に内蔵された行司の機械音声「はっけよーい、のこった!」の合図とともに対戦がスタート。マイクに向かって「トントン」などの掛け声を発すると、声の大きなプレイヤー側の土俵が振動する仕組み。相手の力士を倒したり、土俵から出したりしたプレイヤーが勝ちとなる。

土俵の仕切り線付近には、西・東にそれぞれ赤・青のLEDが内蔵されており、声に反応して振動しているほうの土俵が点滅する。この状況を見てタイミングよく声を出し、力士を戦略的に振動させる。また、対戦中は「のこったのこった」などの行司の掛け声とともにBGMが流れ、対戦を盛り上げる。

相手の長所しか口にすることができない「ほめて!カード」や、ダジャレしか口にすることができない「ダジャレカード」など、発する言葉を制限することができる「特別ルールカード」が18枚付属。CPU対戦、マイクを共有するチーム戦、トーナメント戦なども遊べる。

また、相撲取りだけでなく金太郎やサラリーマンなどバラエティ12体と、写真やシールを貼ったりイラストを書き込んだりできる無地の力士も入っている。印刷用無料ダウンロードコンテンツ配信サイト「プリふれ」にてペーパークラフトコンテンツとして限定力士・デコパーツ・追加ルールも公開されており(LINK link)、楽しみ方を広げられる。

内容物:本体1台、マイク2本、力士12体、無地の力士4体、行司1体、特別ルールカード18枚、軍配チップ6枚、キャラクターチップ12枚、シールシート1枚。

リンクフリー このバナーをお使いください