デジタルゲーム風ボードゲーム『エイトビットボックス』日本語版、11月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

8bitboxJ.jpgホビージャパンは11月中旬、『エイトビットボックス(8Bit Box)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.クリッティン&G.ラーゲイ、イラスト・J.B.レイノー、3~6人用、6歳以上、15~40分、4800円(税別)。

スイス人ゲームデザイナーが手がけ、イエロ社(フランス)が今秋リリースする新作。最新テクノロジーにより、ケーブルもテレビも、電気すらもいらないという「ビデオゲーム」で、共通のコンポーネントを使って3つのゲームをプレイできる。

基本セットでは、回路ボードでバグたちと追っかけっこをする「ピクソイド」(3~4人用、6歳以上、15分)、砂漠のど真ん中で未来のレースマシンを操ってレースを繰り広げる「アウトスピード」(3~6人用、8歳以上、30分)、アスリートたちがさまざまな競技を戦い抜く「スタジアム」(4または6人用、10歳以上、40分)を同梱。

プレイには「コンソール」と呼ばれる共通のコンポーネントとして、3つのダイヤルでプログラムできるコントローラー、大小のキューブ、ダイスが入っており、ゲームに使い方が異なる。そのほかにゲームごとにコンポーネントを追加してプレイする。

8ビットのデジタルゲーム風デザインで、プロットしたアクションで駆け引きが楽しめる作品だ。

内容物:(コンソール)コントローラー6個、ダイス5個、キューブ72個、(ピクソイド)回路ボードタイル4枚、スクリーン枠タイル8枚、キャラクタータイル6枚、(アウトスピード)進行ボード3枚、マシン6個、ボーナストークン32個、 コースタイル16枚、フォースフィールドトークン7個(スタジアム)種目タイル16枚、メダルボード2枚、選手ボード6枚、開始プレイヤートークン1個

8bitboxJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください