ダイスでステンドグラス作り『サグラダ』日本語版、11月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Engamesは11月22日、ダイスを並べて美しいステンドグラスを作るボードゲーム『サグラダ(Sagrada)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.アデムスク&D.アンドリューズ、イラスト・P.ウォッケン、1~4人用、14歳以上、30~45分、5500円(税別)。

オリジナルはフラッドゲート・ゲームズ(アメリカ)から2017年に発売された作品。ゴールデンギーク賞で6部門にノミネートされ、ペガサスシュピーレ(ドイツ)、マタゴー(フランス)、クラニオ・クリエーションズ(イタリア)など名立たる出版社が各国語版を発売している。日本ではEngamesが和訳付輸入版を輸入販売していたが、日本語版になって500円安く提供されることになった。

プレイヤーはスペイン・バルセロナの教会「サグラダ・ファミリア」のステンドグラス職人となり、決められた配置ルールや設計図に沿って、ステンドグラスのガラスのピースに見立てたダイスをドラフトし配置していく。

各プレイヤーには5×5のマスが空いたボードが配られ、マスによって色や目が指定されている上に、同じ色や同じ目は隣接しておけないというルールがある。手番プレイヤーは袋からランダムに引いたダイスを一気に振り、順番に1個ずつドラフトしていく。

並べ方や使う色によってボーナスが入るカードがあり、ルール通りに並べるだけでなく、得点が一番高くなるように工夫していく必要がある。またドラフトでほかのプレイヤーがほしそうなダイスを先に取ったり、逆にいらないダイスを残したりといったインタラクションもある。

ゲーム終了時に並ぶ色とりどりのダイスはステンドグラスさながらで、美しさの際立つ作品だ。Engamesでは5〜6人拡張の和訳付輸入版も取り扱っており、組み合わせてプレイすることもができる。

リンクフリー このバナーをお使いください