2018年11月アーカイブ

幻冬舎は11月23日、木製アブストラクトゲーム『マンカラ・カラハ』を発売した。監修・日本レクリエーション協会、2人用、8歳以上、10~15分、2200円(税別)。

紀元前発祥で、アフリカから中近東・東南アジアにかけて遊ばれてきた伝統ゲーム『マンカラ』(別名『カラハ』)の普及版。ポケットをひとつ選び、そこに入っている石をとなりのポケットから1個ずつ移していって、自分の陣地の石を全てなくすことを目指す。S.フェルトの『トラヤヌス』(2011年)ではこのシステムが用いられている。

簡単なルールながら運の要素はなく、先の先を読むガチプレイで楽しむもよし、カラフルなコマを愛でつつ気軽にフィーリングで遊んでもよし。遊び方ガイドには「マンカラ・ベーシック」を含む4種類の遊び方が掲載されており、変化もつけられる。ゴムバンドで蓋をロックすれば持ち運びもしやすい。

幻冬舎は今秋から『タギロン』『ラブレター』『はぁって言うゲーム』とボードゲームを立て続けにリリースしており、書店でも取り扱われるので、一般層への拡大が見込まれる。

内容物:ボード1台(ゴムバンド付)、石50個(予備2個含む)、遊び方ガイド1冊


広島・大手町に12月1日、ボードゲームカフェ「coast(コースト)」がオープンする。広島電鉄・袋町駅徒歩2分、平日17:00~23:00、土日祝10:00~23:00、月曜休(祝日の場合は翌日休)。

広島市初のボードゲームカフェ。8卓28席で2人から多人数まで180種類以上のボードゲームを用意する。料金は平日1時間400円(最大1500円)、土日祝1時間500円(最大2000円)、1ドリンク付き。飲み物はアルコール500円、ソフトドリンク200~300円。食べ物の持ち込み可。

今後は、1人でも参加しやすいイベントや、人狼のイベントなどを計画しているという。

広島のボードゲームショップ「プレイスペース広島 」からは徒歩1分。広島平和記念資料館も徒歩圏内で、観光がてら立ち寄ることもできそうだ。

ボードゲームカフェcoast
広島県広島市中区大手町2-6-21和秀大手町ビル2F/TEL:050-5437-4782
Mail:info@coast-bgcafe.com
[Web ] [Twitter ]

「第1回さぬきボドゲフリマ」が12月2日(日)、高松市のトキワ街(ことでん瓦町駅すぐ)にて開催される。10:30~16:00、入場無料。

愛好者が遊ばなくなったボードゲームを持ち寄り、安価に提供するほか、創作ゲームサークルやショップも参加する。参加するショップはぶんぶんゲームズ、ジュンク堂書店、ボードゲームショップDDT、ボードウォークの4店舗。

購入だけでなく、プレイエリアやボードゲーム体験会・親子ゲーム会も開かれ、ボードゲームを遊んでいくことができる。「ボドゲフリマで新しいゲームと出会うと同時に、同じボードゲーム好きが集まり、同じ趣味の仲間がいることを楽しんでいただければ」と主催者。

前日は神戸三ノ宮でボードゲームフェス「盤祭」が行われている。三ノ宮から高松は新幹線岡山経由で2時間、直通バスで3時間。併せて参加してみるのはいかが。

gundamthegame1.jpgプレックスは来年3月28日、協力ゲーム『GUNDAM THE GAME -機動戦士ガンダム:ガンダム大地に立つ‐』を発売する。ゲームデザイン・アークライト開発チーム、1~4人用、15歳以上、30分、5600円(税別)。

国民的テレビアニメ『機動戦士ガンダム』がボードゲームになる。各プレイヤーは固有の能力やアイテムを駆使し、ストーリーパネル上のミッションに協力して挑む。

ストーリーパネルは第1話『ガンダム大地に立つ』〜第10話『ガルマ散る』を6つのシナリオに編成して収録。進め方によってはリュウやカイ、フラウがガンダムを操ることになるのかもしれない。また、バトルフィールドではジオン軍もザク、シャア専用ザクはもちろん、マゼラ・アタックやガウなどが多彩な攻撃で立ちはだかる。

使うまで伏せられているストーリーパネルでドキドキ感を味わいつつ、登場キャラクターになりきって、珠玉の機動戦士ガンダムを追体験しよう。

プレックスはバンダイナムコグループの玩具メーカーで、仮面ライダーやプリキュアなど、メジャーなキャラクターものを多く手がけている。ガンダム関連のボードゲームとしては、2010年にバンダイが受注生産で販売した『デックビルド機動戦士ガンダム』以来となる。

内容物:シナリオ6本(うち1本はチュートリアル):キャラクターシート計30枚(各シナリオ専用5枚)、ストーリーパネルカード計149枚(各シナリオ専用9〜31枚、77×110mm)、メカニックカード計38枚(各シナリオ専用6〜9枚、95x69mm)、戦闘イベントカード計40枚(各シナリオ専用5〜10枚、40×60mm)、ダイス6面,8面,10面各1個(今製品専用デザイン)、キューブ12個、アイテムカード計10枚(60x40mm)、早見表カード4枚(110x77mm)、キャラクターコマ計7個、メカニックコマ計30個、ホワイトベース表示コマ1個、ホワイトベースメーター1枚(2018年11月時点)

gundamthegame2.jpg
©創通・サンライズ

神戸三ノ宮の「デザイン・クリエイティブセンターKIITO(ギャラリーB)」にて12月1日、ボードゲームフェス「盤祭1st」が開催される。ポートライナー貿易センター駅徒歩10分、12:00~17:00、入場無料。

関西で毎年ボードゲームフリーマーケットを開催しているCOLON ARCの田邉顕一氏が主催して初めて開催されるイベント。秋のゲームマーケットが東京で行われているため、出品された作品を関西で楽しめる機会を作ろうと立ち上げられた。

ゲームマーケットにも出展している同人創作ゲームサークルやボードゲームショップ、ボードゲーム輸入代理店など、関西中心に18団体が出展する。先月のエッセン・シュピールや先週のゲームマーケットで発表されたばかりの新作から、これから発売が予定されている作品も出展される予定。試遊スペースも設けられており、買って楽しい、遊んで楽しいイベントとなっている。

中古販売の予定はないが、11時から待機できる。それ以前の来場は禁止。

11月24~25日、ドイツ・ケルンでカタン世界選手権2018が行われた。世界46カ国から、日本代表の犬束良太郎氏が12位、優勝はメキシコ代表のQ.エルナンデ氏。

現在隔年開催となっているカタン世界選手権は今回で12回目を迎える。今年は46か国から76人の代表が参加した。犬束氏は4戦中3勝、合計勝利点38点という圧倒的な成績で予選を1位通過。セミファイナルに進出したがデンマーク代表に阻まれて惜しくも敗退した。決勝はコロンビア、デンマーク、メキシコ、ドイツという顔合わせで、メキシコ代表のエルナンデ氏が優勝した。

大会の様子はコスモス社が動画を配信したほか、同行した秋との子氏がツイートでレポートしている。日本代表のこれまでの最高成績は第5回ドイツ大会の大井真也氏、第10回ドイツ大会の松本吉高氏による準優勝。

ホビージャパンは1月中旬、ダイス&紙ペンゲーム『レイルロード・インク』の「ディープブルー・エディション(Railroad Ink: Deep Blue Edition)」「ブレイズレッド・エディション(Railroad Ink: Blazing Red Edition)」を日本語版で発売する。ゲームデザイン・H.ハッチ&L.シルヴァ、イラスト・M.トランクイッリ、1~6人用、8歳以上、30分、各2000円。

ダイスをふって手元の地図に鉄道や道路のルートを書き込み、交通網を完成させるパズルチックな紙ペンゲーム。オリジナルは今秋、ホリブルゲームズ(イタリア)から発売された。デザイナーは『ドラゴンキャッスル』のコンビ。

ダイスには十字路やT字路の道路、直線や90度の鉄道が描かれており、出た目のパターンを各自の地図ボードにペンで記入し、できるだけ多くの出口につながる交通網を作り上げて得点を競う。

2つのバージョンともに基本ルールは同じだが、「ディープブルー・エディション」は河川と湖の拡張ルール、「ブレイズレッド・エディション」は火山と隕石の拡張ルールを入れて、障害物をうまく避けてルートをつなげるよりチャレンジングなゲームにできる。また、両バージョンを合わせると12人プレイも可能だ。

内容物:(両バージョン共通)ルートダイス4個、地図ボード6枚、マーカー6本、ルール1部、(ディープブルー・エディション)湖・河川ダイス4個 (ブレイズレッド・エディション)隕石・火山ダイス4個

ゲームマーケット2018秋の前日となる11月23日、東京・阿佐ヶ谷の阿佐ヶ谷ロフトAにて、「アダルトボードゲームフェス2018 in TOKYO」が開催された。今年3月に行われた「アダルトボードゲームフェス in OSAKA」に続く2回目で、前回の参加者を超える50名以上が参加し、大真面目にアダルトゲームの将来を語り合った。

出演はイエローサブマリンの蕪木P氏、ディアシュピールの川口正志氏、当サイトの管理人で、司会は女優・モデルの内多優氏(出演予定だった朝戸一聖氏は体調不良のため急遽欠席)。トークセッションから会は始まった。スクリーン上にパワーポイントでのプレゼンである。

「BGG登録のアダルトゲーム1000タイトルを斬る!」(小野卓也)では、BGGの分析からアダルトゲームにはどのようなジャンルがあり、それぞれどれくらいの比率なのかを見た後、各ジャンルの典型的な作品を紹介した。コミュニケーションゲームとラブメイキングゲームが多い現状で、ストラテジー系の作品が増えるためには、経験あるデザイナーや出版社と、積極的にプレイする人たちが必要であると結んだ。

「アダルトボードゲームのアイデアフック~自分が作るんだったら」(蕪木P)では、アダルトゲームとレガシーシステムの親和性を指摘。出落ちみたいなものでも、レガシーシステムを組み込むことで面白い作品になるのではないかという提案である。確かに官能小説仕立ての謎解きゲームはありかもしれない。

「ゲームマーケットでプライバシールームを設けた事への世間の反応と、実際」(川口正志)では、事前のネガティブな反応と共に、ディアシュピールがアダルトなお店というイメージをもたれてしまったという。しかし実際には900人以上が試遊し、特に女性のウケがよかったというから、表と裏のアンビバレンスが際立つ。

質疑応答では、ゲームマーケットの出展基準となっている「性的な表現やグロテスクな表現など」についての質問が出された。ちょうど関係者がおり回答を頂いたが、意図的にグレーにすることで表現の自由を担保しているとのことである。実際、今回のゲームマーケットでも女性の下着を集める『ドゥエッティパンティーノ』や、ブラジャーのカップを競う『ブラふ』など、イラストはマイルドだがテーマとしてはアダルトな作品も出品されている。

その後、物販アダルトボードゲーム紹介。製作者が自ら創作ボードゲームを紹介し、終わってから即売を行うものである。今回は『煩悩じろう』と『男気野球拳』(もんじろう)、『POKKI』(ハッシーグチ)、『ANAL』(ドラ)の4点が出品された。

『煩悩じろう』は卑猥な漢字を入れたサイコロで、四字熟語を作ったりして遊ぶ。今回できたのは「巨穴奥吸」。どんな意味なのか考えると味わい深い。『男気野球拳』は勝つと服を脱げるカードじゃんけん。『POKKI』は卑猥なワードを検閲に悟られないように伝え、成功したら棒を長く積むコミュニケーション&アクションゲーム。『ANAL』は消化しにくいコーンやひじきを肛門から取り出すバーストゲームで、オナホール拡張が付いている。即売では限定5個の『POKKI』を求めて20人が手を挙げ、じゃんけんで購入者を決める一場面もあった。

adultbgfestokyo2018.jpg

休憩の後は参加者がグループとなって30分でアダルトゲームを考えるワークショップ。それぞれに妄想を爆発させて生まれたのは『それでもぼくはやってない』『ナニかるた』『新宿ラブストーリー』『3ワード淫靡デント』『KINBAKU』『「社会」勉強』『どこまでかオッパイ』『SOJ48』『Long Bocky』で、「妊活に」「恥育に」とか変なキーワードが飛び交っていた。

最後にアダルトボードゲームの未来を語ってお開き。作っても売るところがないというのが目下最大の問題で、アダルト業界との連携を模索することになりそうだ。実際、前回の大阪のワークショップで生まれた『ゴールドフィンガー』が製作に向けて動いているという。

阿佐ヶ谷ロフトAは飲食メニューが充実しており、観客席のボタンを押すと注文を取りに来てくれる。楽屋で豚角煮丼を頂き、ヒューガルデンを見つけたので頼みたいところだったが思いとどまった(結局、後でkurumariにあったので飲んだ)。

参加者のレポートはこちら。次回は大阪での開催を予定しており、いよいよ本格的に試遊即売イベントにしたいところだ。

東スポWeb:じわじわ人気「アダルト版ボードゲーム」の未来
EVEPIN:潜入レポート アダルトボードゲームフェス2018 in TOKYO
『おなかま』作り、はじめました。 :【イベント報告】アダルトボードゲームフェス2018 in TOKYO【ボードゲーム】

flickemupdwJ.jpgアークライトは12月20日、コマを指で弾いてゾンビと戦う『フリッケム・アップ:デッド・オブ・ウインター(Flick'em Up!: Dead of Winter)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.Y.モンペアトゥイ&G.ブジャノ&I.ヴェガ&J.ギルモア、イラスト・A.カナーニ&C.クイリアムス、1~10人用、8歳以上、30~45分、6000円(税別)。

プレッツェルゲームズが『フリッケム・アップ!』(2015年)の続編として、プランBゲームズ傘下のプレッツェルゲームズから昨年発売された作品。テーマは西部からゾンビへ、コマの材質は木からプラスチックに変わった。単なるおはじきゲームではなく、さまざまなシナリオに沿ってゲームを進める。

日本語版も発売されているゾンビゲーム『デッド・オブ・ウィンター』シリーズの職能者たちが主人公で、指でディスクを弾き、ゾンビを倒していく。ある条件でゾンビがあふれ出るデッドタワーや、豊富な立体コマが入り、シナリオも10本用意されている。容赦のないゾンビの攻撃から生きて還ることはできるか?

内容物:ルールブック1冊、建物6棟、車両4台、職能者コマ11体、カード63枚(カードサイズ:63×88mm)、ゾンビコマ18体、バックパック11個、トークン102個、プラスチック製パーツ37個、その他タイル類30個、デッドタワー1基

11月24~25日(土・日)に東京ビッグサイトで行われた日本最大のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018秋」は、2日間あわせて22000名が参加したことを、ゲームマーケット事務局が発表した。1日目は12000人、2日目は10000人で、20000人だった前回(2018年5月)のゲームマーケット2018春から2000名、10%の増加。

東京では年に2回開かれているゲームマーケットが2日開催となって3回目。参加者数は18500→20000→22000人と順調に増加を続けている。この3回で出展者数は730→692→779団体、国産オリジナルの新作数は495→301→564タイトルといずれも過去最高を記録した。

国産オリジナルのほか、輸入、日本語版、TRPG、SLGなども含む新作の評価アンケートがスタートしている。今回からタイトルの最初の1,2文字を入れると該当する作品が表示されるオートコンプリート方式で投票しやすい。遊んだらぜひ投票しよう。

ゲームマーケット:2018秋 来場者数報告
ゲームマーケット新作評価アンケート

昨日に引き続き東京で行われているゲームマーケット2018秋の2日目レポート。開場時待機列は1700人(Raelさん調べ)だったというから、昨日の半分近くではあるが、1時間遅れで始まったボードゲームフリーマーケットは大混雑となった。

gm2018a-flm.jpg
浅草ボードゲームフリーマーケット事務局の担当で行われたフリーマーケットには1300点以上が出品され、整理券配布で混雑を緩和しつつ行われた

2日目は新作チェックも前日との差分だけなので比較的余裕があり、試遊卓に積極的に入ったり、知り合いと会って立ち話をしたりすることができた。この余裕は、かつて浅草で行われていた頃のゲームマーケットを思い出させる。それがどんどんブースが増えるにつれ余裕がなくなり、2日開催の要望につながっていったのである。初対面の人、知り合いの知り合い、久しぶりに会う友人、地元から来ている仲間・・・ゲームマーケット会場で会ってお話するのは楽しい。

今回の特徴としてエリア出展の拡張があり、今日もトークイベントやミニゲーム大会が盛んに行われていた。これに呼応するように、こうしたイベント参加者だけでなく、試遊卓でも遊ばずに見ている人が多く見受けられた。買うイベントから遊ぶイベントへ、遊ぶイベントから見るイベントへと、ゲームマーケットは新しい次元に入ってきている。

gm2018a-rakuten.jpg
JELLY JELLY CAFEで行われた三遊亭楽天師匠のTRPG落語「インスマス長屋」は100人以上が聴き、笑った。

午後1時からは第4回となるゲームマーケット大賞授賞式。予め優秀作品に選ばれていた『Improvement of the POLIS』『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』『天下鳴動』『東京サイドキック』『トリックと怪人』の製作者が一同に集まり、大勢の観衆の見守る中、授賞式は行われた。

gm2018a-gma1.jpg
優秀作品5タイトルの製作者が並ぶ

最初に発表されたのはエキスパート賞。昨年の『エンデの建国者』に続いて選ばれたのは慶応HQの『Improvement of the POLIS』。ギリシャの都市国家をそれぞれの特性を生かして発展させていくゲーマーズゲーム。現在は品切れだが、アソビションから一般発売される予定であることが明らかになった。

gm2018a-gmaexp.jpg
慶応HQ『Improvement of the POLIS』

キッズ賞は該当なしという発表が行われた後、いよいよ大賞の発表。ドラムロールのもとくす玉が割られ、77Spieleの『天下鳴動』が大賞に輝いた。戦国時代の国取りをテーマにしたこの作品、小さい城で勝って大きい城に援軍を送る様子は織田信長のようで、また3つのダイスの組み合わせで置けるエリアを決めるシステムはクニツィアを彷彿とさせると草場審査委員長。77Spieleが3タイトル目で製作したこの作品は、白黒コピーのゲームボードに100円ショップのコマというミニマムな作りで、「ゲームは見かけだけではない」という。

受賞した与儀新一氏はS.サクソン氏とR.クニツィア氏を敬愛しており、草場委員長に言及されたことがとても嬉しかったという。3タイトル目となるこの作品の後、製作を休止しているが、授賞がまた新しい作品を作るきっかけになってくれることを願う。

gm2018-gmataisyo.jpg
77Spiele『天下鳴動』

この後、授賞会場は受賞作体験コーナーとなり、『Improvement of the POLIS』と『天下鳴動』がプレイされていた。妙にインストが上手なスタッフがいるので不思議に思って伺うと、Analog Game Eventersという団体で、ゲームマーケット事務局からの依頼でボードゲームのインストもTRPGのGMも務めている。根っからのゲーム好きに加え、前もって担当するゲームを研究し、時間の長いゲームは短縮ルールを作るなど工夫を凝らしているという。ゲームマーケットはこのような縁の下の力持ちたちによって支えられている。

以下、2日目に遊んだ&注目されたボードゲーム。

gm2018a-trick.jpg
ゲームマーケット大賞で優秀作品に選ばれた『トリックと怪人』はデザインを一新してオインクゲームズより一般発売

gm2018a-55city.jpg
OKAZU Brandの『5×5シティ』は、区画と建物の効果を見て街を発展させるタイル配置ゲーム

gm2018-ame.jpg
ノスゲムの『アメのふる町 キャンディアベリー』は上からボールを落として一瞬の間に、どのポケットに入ったかを見て取りに行くゲーム。相変わらずの美しい手作りコンポーネントと少部数製作

gm2018-kizokunosaifu.jpg
ちゃがちゃがゲームズ『貴族の財布』は、布の袋からコインを引いて買い物をし、特殊効果と得点源を増やしていくゲーム。全員で1つの袋なので、「あと1枚!、あーと1枚!』などと囃し立てられたりして盛り上がる

gm2018-nohand.jpg
758ボードゲーム会は『手札のないトリテ NoHand』を出品。切り札・フォロー・ランクなどについて一部情報を回した後、カードを並べて自分が出したいカードをビッド。最後にルールが公開され、どの色がトリックを取ったか調べていく

gm2018a-kotatu.jpg
シメシメゲームズの『こたつのなかからでたくない』は、お手伝いカードをこっそりみてみかんを机の上に置いた後、一斉にこたつから出るかとどまるかを選び、それぞれにみかんを分配するゲーム

gm2018a-nestor.jpg
2人用アブストラクトゲーム「土嚢の会」には版元のネスターゲームズ社長(写真左)がスペインから参加。33種類に及ぶ作品が頒布された。いつもはゲストの通訳を務めているけがわこと正田謙氏もデザイナーの一人として参戦

ゲームマーケット事務局では、来場者アンケート新作評価アンケートを開始している。ぜひご回答を。

次回のゲームマーケットは3月10日(日)インテックス大阪、5月25~26日(土・日)東京ビッグサイト青海展示棟、11月23~24日(土・日)東京ビッグサイト青海展示棟にて。青海展示棟は、最大で現在の西3・4ホールの2倍の広さがあり、増加する出展者にも対応できるという。

ゲームマーケット2018秋:1日目レポート

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

gm2018a1.jpg

2018年11月24日から2日間にわたって、東京ビッグサイト(西3・4)にて、ゲームマーケット2018秋が開催されている。1日目のレポート。

10時開場時の待機列は3000人(Raelさん調べ)。ゲームマーケット事務局では2日間合計で22000人の参加者を見込んでいるが、Raelさんは23000人ぐらいを予想する。

開場してすぐ、長蛇の購入列が形成されるサークルは増えているように見えた。一極集中から多極集中へ。これも人数が増えた結果だろう。そのため会場内では往来がいたるところで渋滞し、移動に時間がかかることが多くなった。

bakafire.jpg
長蛇の購入列だけでなく、ステージ周りにたくさんのファンが詰めかけたBakaFire Party

gm2018a-lf.jpg
『東京サイドキック』再版と拡張を発表したリトルフューチャーも長い列が続いた。登場キャラクターのコスプレは日替わり

gm2018a-bauza.jpg
A.ボザ氏は毎回の参加になってきた。会場内ではブースを精力的に回って試遊する姿が見られた。『進撃の巨人ボードゲーム』ではサイン会も開催

会場内で注目されたゲームは次の通り。

gm2018a-singularity.jpg
昨秋発表した『Improvement of POLIS』がゲームマーケット大賞で優秀作品に選ばれた慶応HQはタワーディフェンス&ワーカープレイスメント『SINGULARITY』を発表。瞬殺

gm2018a-dwetti.jpg
UNiCORNの『ドゥエッティパンティーノ』は性癖に合わせて理想のパンツを並べるカードゲーム。瞬殺

gm2018a-momey.jpg
HOY GAMESの『マメィ』は場からカードを集めてセットで支払うカードゲーム。場が3つあり、誰も選ばないと累積していく。手札上限があるため、やりくりが悩ましい

gm2018a-tokyocrossing.jpg
ハナヤマは『TOKYO CROSSING』という渋谷の交差点で向かい側に渡るゲームをテスト販売。忍者、オタク、女子高生で動き方が異なる

gm2018a-spywink.jpg
ジェリージェリーカフェの『スパイのウィンク』は、カードに指示された相手にウィンクを送り、その相手が視線を向けた場所を当てるゲーム。ほかの人のウィンクを目撃したら告発できる

gm2018a-nagepoyo.jpg
ケンビルの『ナゲナゲポートサイドヨコハマ』は、カードを出していってパターンが揃ったら中央の箱にレコードを投げ込む。急いで投げると外れてしまう

gm2018a-esppizza.jpg
ワンドローの『エスパーピザ屋ゴーストタウンへ行く』は、ゲームマスターが衝立の裏で置いたコマの位置をメモしながら推理するゲーム

gm2018a-masala.jpg
natriumlamp gamesの『マサラマジック』はスパイスの香りを使ったゲーム。いい匂いを周囲に漂わせていた

gm2018a-bus90.jpg
Saashi & Saashiは『バスルートをつくろう』を京都市交通局とかけあって同局90周年記念版として作成。京都市内ではイエローサブマリン、東急ハンズ、Bricksなどのほか、イベント「電車バスファン感謝祭」でも販売された

このところボードゲームグッズ類はどんどん充実しているが、今回も注目すべき新しい作品が次々と展示されていた。価格も安めで、ついつい手に取ってしまう。

gm2018a-dicetray.jpg
ラセンワークスのダイストレーはさまざまなサイズと印刷があってよりどりみどり

gm2017a-hotgames.jpg
ホットゲームズが3Dプリンタで製作したボードゲームグッズ。『うんちしたのだぁれ?』用うんちトークン、『ブルゴーニュ』用タイルホルダなど

gm2018a-sogen.jpg
ころん、ゆらんでは「草原に寝そべるミープル」のアクセサリーや名刺入れなど

gm2018a-nicobodo.jpg
ニコボドではマグネット「Boardgamer in Car」と、美しいボードゲームの写真をあしらった2019年のカレンダーを頒布

gm2018a-gakushucho.jpg
Dilettanteのボードゲーム学習帳。遊んだボードゲームを記録できる

gm2018a-koma.jpg
いたやま商会の木のコマはどんどん充実

ブース内イベントはBakaFire Party以外も盛んで人が賑わっていた。

gm2018a-sugorokuya.jpg
すごろくやはゲストを呼んで参加型の紙ペンゲームや巨大キャプテンリノをプレイ。

gm2018a-jc1.jpg
ジェリージェリーカフェのボードゲームカフェオーナー会議。ディアシュピールの川口正志氏、アソビCafeのだてあずみ。氏、JELLY JELLY CAFEの白坂翔氏。

gm2018a-jc2.jpg
同じくジェリージェリーカフェのボードゲームデザイナー会議。大塚健吾氏、郡山喜彦氏、米光一成氏が登壇。

明日はどんなイベントになるか楽しみだ。

gm2018a-catan.jpg

レイクホルト(Reykholt)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

野菜のことばかり考えている

reykholt.jpg

アイスランドの首都レイキャビクから北に100kmほどいった村レイクホルト。ここで野菜を育て観光客にご馳走する。ワーカープレイスメントに畑の種まきと収穫という、『アグリコラ』でおなじみのシステムで、テキストのあるカードを少なくして極力シンプルにし、短時間でプレイできるようにした作品である。公称では60分以内に収まる。

ゲームボードには24のアクションスペースがあり、ここに毎ラウンド各自3個ずつワーカーを置いてアクションを行う。アクションスペースもワーカーもゲーム中増えず、3周で1ラウンドが終わるからゲームのテンポがよい(基本ゲームは7ラウンドなので21回手番を行ったら終了ということになる)。

アクションスペースが24もあるといっても、基本は野菜を取る、温室を取る、野菜を温室に植える、収穫するの4つだけで、組み合わせがさまざまあるというだけである。

野菜は5種類(トマト、レタス、キノコ、カリフラワー、ニンジン)あり、温室は3~6区画の4種類ある。区画が小さいほど植えられる野菜の種類が増え6区画の温室にはトマトかレタスしか植えられないが、3区画の温室には全種類植えられる。こうして野菜のレア度に差をつけている。

野菜を温室に植えるというのは、手持ちの1つを1区画に置き、残り全ての区画に同じ種類の野菜を置くというもので、3~6倍に増えることになる。ただし収穫はアクションを使わない限り1ラウンドに1回しかできないので、一気に手に入るわけではない。温室を増やして多くの野菜を取れるようにする。

ラウンド終了時に、指定された野菜を支払うことで自分のコマが進み、最終的にこれが一番遠くまで進んだプレイヤーが勝つ。勝利点もお金も使わないことでシンプルな処理にしているのがいい。野菜は支払えるだけ払ってどんどん進むことができるが、支払わなければいけない野菜はどんどん増えていく。ただし1ラウンドに1回、「ボーナス」といって野菜を支払う代わりにもらって進むことができ、停滞しにくくしてある。

ゲームごとに変化を付ける要素として「サービスカード」がある。毎回5枚だけ使い、アクションスペースで取る。特定のアクションをするたびにちょっとおまけがついてくるもので、ゲームのスパイスになっている。新基軸として、となりのプレイヤーと同じサービスカードをシェアするアクションがあり、そのカードが適用されるアクションを巡って競合が起こりやすくなっている。

このように要素を削ぎ落として遊びやすくしつつ、収穫の楽しみや、提供する野菜のやりくりを楽しめるようにした作品である。3回目のプレイからシナリオモード(特定の野菜が取れにくくなったり、到達目標が設定されたりする)とイベントカード(毎ラウンドはじめに適用)を入れることが推奨されている。

4人プレイで1時間強。野菜1つが勝敗を分けるので慎重に考える場面が目立った。運の要素がなくてシビアなゲームではあるが、「ニンジン限界」「温室ぶっぱ」「もう野菜のことしか考えていない」など真剣な思考の中から出てくるつぶやきがおかしくて、和やかにプレイできた。

Reykholt
ゲームデザイン・U.ローゼンベルク/イラスト・K.フランツ&L.ジーグモン
フロステッドゲームズ(2018年)
1~4人用/12歳以上/30~60分

ホビージャパンは1月中旬、お菓子の家づくりゲーム『ジンジャーブレッドハウス(Hexenhaus)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・P.ウォーカー=ハーディング、イラスト・A.エルカートン、2~4人用、8歳以上、30~45分、5000円(税別)。

ルックアウトゲームズ社(ドイツ)が『クマ牧場』に続いて今秋リリースしたP.ウォーカー=ハーディング氏(オーストラリア)の作品。エッセン・シュピールのスカウトアクションでは「規定票数には届かなかったが評価の高かった作品」として挙げられている。

プレイヤーはおとぎ話の世界で魔女となってお菓子の家をつくり、お菓子に引き寄せられてきたヘンゼルとグレーテル、赤ずきんちゃん、シンデレラなどおとぎ話キャラクターたちをできるだけ多く捕まえる。

お菓子の家は3×3マスの建築スペースに、1×2マスのタイルを重ねて建設し、覆われたマークの効果でジンジャーブレッドを獲得したり、おとぎ話キャラクターを確保したりする。おとぎ話キャラクターにはそれぞれ好物とするジンジャーブレッドがあり、それを支払うことで捕まえて得点にできる。お菓子の家の階層はだんだん高くなっていき、ボーナスカードの条件を満たすことでさらに得点が入る。

登場するおとぎ話キャラクターは40種類で、日本でもおなじみのものから、あまり知られていないドイツのものまでバラエティー豊か。タイル配置の戦略だけでなく、こうしたキャラクターからおとぎ話の夢が広がる作品だ。

内容物:プレイヤーボード4枚、ダブルタイル60枚、ワイルドタイル28枚、階段タイル22枚、ジンジャーブレッドトークン72枚、キャラクターカード40枚、ボーナスカード20枚、スコアシート1冊、ルールブック1冊


(写真は英語版)

ワンドローは2019年1月25~27日、新宿THEATER BRATSにて、ボードゲームを原作とした朗読劇『文絵のために』を上演する。昼「武雄編」夜「文絵編」の2回公演、チケットは全席指定でA席5000円から、S席7500円からクラウドファンディングにて入手できるほか、ゲームマーケット2018秋のワンドローのブース(B19)にて、先行販売される。

『文絵のために』はカナイセイジ氏がデザインした謎解き要素が加わった2人用ストーリーゲーム。昨年秋のゲームマーケットにて、ネタバレ禁止のため試遊なしで販売された。マルチエンディングになっており、ハッピーエンドに到達することがなかなか難しいため、繰り返しプレイすることになる。

朗読劇でもシナリオが分裂し、結末が異なるという仕掛け。出演は本宮佳奈(椎名文絵)、市川太一(岩槻武雄)、夏陽りんこ(紀平加奈子)、本橋大輔(並木亮介)、水沢あや(内田理沙)、五十嵐勇紀(近藤慎二)、柴田遥加(設楽由奈)、佐野信明(田所健太)、柴田大吾(用務員)。脚本は舟崎泉美、演出は斎藤裕介(若手声優団体・声珈琲)が担当する。

日時は1月25日(金)14:00からと19:00から、26日(土)13:00からと18:00から、27日(日)13:00からと18:00から。チケットはクラウドファンディングにて開始されている。

MOTION GALLERY:朗読劇「文絵のために」をより多くの方にお届けしたい!

fumienotameni-rt.jpg

condottiere2J.jpgアークライトは12月13日、イタリア陣取りゲーム『傭兵隊長(Condottiere)』新版の日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.エラール、2~6人用、10歳以上、20~45分、3000円(税別)。

オリジナルは1995年にユーロゲームズ・デカルト社(フランス)から発売され、『コンドッティエーレ』という邦題で国内流通した。その後、2007年にファンタジーフライト社(アメリカ)がリメイクし、この日本語版をアークライトが『傭兵隊長』という邦題で発売している。今回のリメイクはズィーマンゲームズによるもので、アートワークが大きく変更されている。

プレイヤーは一都市国家の領主となり、ほかの都市国家へ支配を広げようと目論む。戦力カードを1枚ずつ出していき、全員がパスしたところで合計の多い人がエリアを取るという陣取り。カードにはさまざまな効果があり、数字が強ければ勝てるとは限らない。1人以外全員の手札がなくなるまで手札は補充できないが、カードの効果で出したカードを手札に戻し、陣取りに再び参加できる「かかし」カードの存在が駆け引きを熱くする。

今回は新版・旧版の2つのルールを収録。また一部のカード効果の変更、カード枚数の調整、新カードの追加などが行われており、より戦略的な駆け引きが求められることになるだろう。大胆かつ狡猾、そして戦い慣れた傭兵隊長を雇って、周辺諸国との戦闘を制するのは誰か?

内容物:カード118枚、戦場マーカー1個、法王の庇護マーカー1個、支配マーカー30個、ゲーム盤1枚、ルール説明書1冊(※カードサイズ63.5×89mm)

condottiere2J2.jpg

11月15日発行の月刊誌『小学8年生』12月号で、「ハマる! パズル&ボードゲームワールド」という特集が組まれ、国内外のボードゲームが数多く紹介された。付録には立体四目並べのほか15のゲームが遊べる『ゲームボール64』が付いている。980円(税込)。

『小学8年生』は小学館が刊行する全学年向けの学年誌で、「8」の字がデジタル風に白抜きになっており、塗りつぶすことでどの数字も表示できることを表している。

特集は将棋、チェス、バックギャモン、マンカラなどの伝統ゲームから始まり、「世界の注目ゲーム」を国別に紹介するという本格的な内容。ドイツでは『カタン』『ラビリンス・ジャパン』『ウボンゴ』、フランスで『ブロックス』『コリドール』、ロシアで『ナンジャモンジャ』が紹介されている。下の欄には紹介されたゲームを使ったクイズが掲載されており、ゲームの楽しさを体験できるようになっている。日本のゲームは2人用アブストラクト『NOCCA×NOCCA(ノッカノッカ)』。

今年日本一決定戦が行われた『人生ゲーム』特集からは『オセロ』『野球盤』『ダイヤモンドゲーム』『ドンジャラ』などの定番ゲームが続き、発売されたばかりの『ドラえもん立体地球大探検ゲーム』を詳しく紹介。人生ゲームの歴史や全種類カタログ、杉浦淳吉・慶大教授による知育効果の解説まである。

特集13ページと綴じ込み見開き2枚の充実した特集で、小学生だけでなく大人も楽しめそうだ。

小学館:付録「GAME BALL 64」で頭脳ゲームにチャレンジ!『小学8年生』冬号

ホビージャパンは1月中旬、デッキ構築ゲームの拡張第11弾『ドミニオン:夜想曲(Dominion: Nocturne)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・D.X.ヴァッカリーノ、イラスト・G.デシェリス、2~6人用、14歳以上、30分、4500円(税別)。プレイするためには『ドミニオン(第二版)』または『ドミニオン:基本カードセット』が必要。

『ドミニオン:帝国』以来約1年ぶりとなる拡張セット。このセットは、夜になると活動する吸血鬼や狼がテーマとなっている。33種の新たな王国カードには、購入フェイズが終わった後にプレイできる「夜行カード」があり、ほかにも初期デッキの銅貨と入れ替えて使用する「家宝カード」、祝福と呪詛をもたらす「幸運カード」と「不運カード」などを加えて多様な展開が楽しめる。

初回出荷分限定で、プロモーション王国カード「取り壊し」のセットが付く。また、品切れになっていた『ドミニオン:錬金術&収穫祭デュアルセット』も同時期に再販される。

内容物:カード500枚(王国カード332枚、ランダマイザー33枚、家宝カード42枚、幸運カード12枚、不運カード12枚、ゾンビ3枚、その他インプ、ウィルオースプなど66枚)、オーガナイザー1枚、ルールブック1冊

ホビージャパン:ドミニオン

ゲームマーケット2018秋(11月24~25日、東京ビッグサイト)に発表される国産オリジナル新作ボードゲームリストを公開します。

ゲームマーケット事務局に寄せられた出展者からの情報に当サイトの調査を加えたもので、拡張、新版、伝統ゲームのアレンジは含み、輸入ゲーム、日本語版、TCG、TRPG、SLG、グッズ、書籍は除外しています(ただしゲームマーケット新作評価アンケートでは輸入ゲーム、日本語版も含まれる見込みです)。

修正点がありましたら、ツイッターなどでご連絡下さい。ゲームマーケット事務局を通して新作評価アンケートに掲載されます。現在のところ新作は564タイトルです。

両-エリア1 アークライト
 □ ちんあなごっこ(新版)
 □ ヘンゼルかグレーテル
両-エリア3 ディライトワークス
 □ The Last Brave
 □ Fate/Grand Order Duel -collection figure-
 □ CHAINsomnia~アクマの城と子どもたち~
両-エリア4 JELLY JELLY CAFE
 □ スパイのウインク
 □ ライムパーティー
 □ キューブリック(新版)
 □ ゴモジン
 □ 10タクル
両-エリア5 オインクゲームズ
 □ 小早川(新版)
 □ トマトマト(新版)
 □ トリックと怪人(新版)
 □ フロッサムファイト
両-エリア6 DOMINA & イエローサブマリン
 □ Pralaya revised edition
 □ Blade Rondo Night Theater
両-エリア7 研修ゲームラボ
 □ 今日からやめます~酒を手放す物語~
 □ ザ・タイヤ転がし
 □ ザ・会計
 □ 半端ないゲーム
 □ 絶対絶滅!チャリンコ原人
 □ キャベツ王国の夏
 □ 今日からやめます~酒を手放す物語~
 □ 浄土双六ペーパークラフト
 □ パシリの流儀
 □ カミサマ人狼
 □ ステータスバトル
 □ Turn the Town
両-エリア10 BakaFire Party
 □ 桜降る代に決闘を第弐拡張:神語転晴

両-A01 クリエイティブAHC
 □ 斯くして我は独裁者に成れり
 □ 邪神がこの中にいル
両-A02 ペンとサイコロ and 久遠堂
 □ BLOCK.BLOCK
 □ しぇすた・で・しゃ
両-A03 ボドゲであそぼ
 □ ウサこまはゾンビになりたくなくて困っています
両-A04 ラディアスリー
 □ フィリット
両-A05 ハナヤマ
 □ 大富豪ゲーム
 □ TOKYO CROSSING
両-A06 エンスカイ
 □ ENSCOIN(エンスコイン)
 □ おぼえて9ナイン
 □ 語彙の王様
 □ 大富豪大貧民
両-A07 Hemz Universal Games
 □ インヴィクタス
両-A08 日本卓上開発株式会社
 □ Gang Out
 □ ジェスチャギオン
両-A09 ケンビル
 □ ナゲナゲポートサイドヨコハマ(ナゲポヨ)
 □ バイバイレミング 拡張ゲーム
両-A10 GOTTA2
 □ ひっくりガエル 新装版
 □ ゾンビンビン
 □ Seasonal Flower
両-A13 鍋野企画
 □ GlassCiela グラシエラ
両-A17 Polygonotes
 □ 愚者の棺
両-A18 グランディング
 □ 京都ダンガン
両-A20 スロウカーブ
 □ ワンナイト人狼×ゆるキャン△~夜中にカレーをこぼした犯人は誰だ!?~
 □ ゆるキャン△~思い出あつめ~
 □ カセットランプ
両-A21 JUGAME STUDIO
 □ TOKYO WASHI GAME 「キャッツ/猫」
 □ 100%ビーフ ショーダウン
両-A24 プレジャライフ
 □ パラレルワールド
両-A34 グループSNE
 □ 死盤遊戯
両-A35 コザイク
 □ エムブリオマシン ボードゲーム
両-A36 Gakeout
 □ ワードスクラム
両-A37 PAYASO/SHARKYUU_GAMES
 □ ピー・カー・ブー
 □ ウェディング・リング
両-A38 カワサキファクトリー
 □ テトラコンボクワトロ
 □ ダチョウサーカス新版
 □ カウントダウンEX
両-A39 itten
 □ TOKYO HIGHWAY 4Player version
 □ YETI in the House
 □ Here Comes The Dog 2nd EDITION
 □ TRIBE 2nd EDITION
両-A40 ンダノガ
 □ タツネル
両-A41 HOX
 □ CESSPOOL Remastered
両-A47 タルオシルゲームズ
 □ キズナと螢の物語 エピソード3:闇堕チタマフコト無カレ
両-A48 フリージアエンタープライズ
 □ リベリウムチェイサー
 □ レインボーナイト
両-A49 ジャイアントホビー
 □ ドラスレひとり旅
 □ ポンポワーレ
両-A50 YAMATO GAMES
 □ ドッグン・ドッグ
両-A51 ManifestDestiny
 □ Forwarder of Xanadu
 □ ハロウィンパーティー!
 □ I-GR-Making2
 □ ふるキャン△
 □ シュラスコ・パーティー
 □ Snap Fighters

両-B01 ホビージャパン
 □ 老師敬服Kickstarter版
両-B02 ゲームズワークショップ
 □ ウォーハンマーアンダーワールド ナイトヴォールト
両-B03 ワンナイト人狼 + CRAPGAMES
 □ ストック・ザ・ギャザリング
両-B04 MAGI
 □ まじかる☆ベーカリー~わたしが店長っ!~
両-B08 蒼猫の巣出張所
 □ ペーターと2匹の牧羊犬
両-B11 リトルコズミック
 □ 東京サイドキック:デッドオンジアサイラム
両-B12 スピカデザイン
 □ 朝専用なぜカレ
 □ ココロカルクナールEX
 □ 東京特許きょきゃ局
 □ 怪盗オーシャンズ
両-B13 DuelPortal/でゅえるメイト
 □ フィンクの森
両-B15 ブルーパドル
 □ アナログデジタルボドゲ
両-B14 take tale table
 □ Jack Knife
 □ 人狼ビギナーズ
 □ さいきょうのアルティメット
 □ ポースレイン
 □ カルマナ
両-B16 SCLAB
 □ サイコメトラーAR
両-B19 ワンドロー
 □ エスパーピザ屋ゴーストタウンへ行く
両-B21 Proto Craft
 □ メックメイカー
両-B22 コブラ・パーティ
 □ コブラ・パーティ
両-B23 パティスリージレンマ
 □ カチカンモンスターズ
 □ キリンフォト
両-B24 角刈書店
 □ 花と吹雪
両-B25 サザンクロスゲームズ&芸無工房
 □ エイジオブプロモート~大人脈時代~
 □ エイジオブブリゲード~大兵団時代~
 □ ざんねんな逝きもの事典
両-B31 リゴレ
 □ ワードスナイパー新版
両-B34 印刷会社のポプルス ゲムマ支店
 □ ハルミャゲドン-地球上最後の同人即売会-
両-B35 ライブレイジ
 □ FAMILY TRADE
両-B36 KUA
 □ クロスウォーズ
 □ モンスターパーティー
両-B37 タクティカルゲームズ
 □ アフィニティー
 □ リチュアル
両-B38 フォントかるた
 □ 拡張パック 風
 □ 拡張パック 雷
両-B39 OKAZU brand with H
 □ 5×5シティ
 □ 横濱紳商伝デュエル
 □ 5000兆チャレンジ
両-B41 アナログゲームショップ a-game
 □ 超人ロック
両-B44 シグレゴコチ × ラク画工房
 □ ハックツ!!
 □ おばけポーカー

土-C01 こっち屋
 □ マーさんのバニーハント
 □ ヴァルハラスカウト
土-C04 AriAru
 □ コインハント~護宝妖精と4人の泥棒~第2版
土-C05-06 あんちっく
 □ 宇宙戦艦開発大戦
 □ 美術絵画コレクター
 □ スポーツ・フェスティバル
 □ トランプ野球
土-C13-14 梟老堂
 □ 素数大富豪 Lv.0
土-C15-16 操られ人形館
 □ ジャンブルオーダー
 □ 妖怪セプテット
土-C17-18 チョコレイト
 □ しりとりスピード
 □ 大統領トランプ
土-C19-20 青春工房白百合
 □ ラストダンスは私に
土-C21-22 おもしろ村
 □ ありが神に勝つ方法
土-C23-24 ナスカゲームズ
 □ 何らかのスープ
土-C25-26 goonie cafe
 □ ドロッセルマイヤーさんの法廷気分&なぞなぞ気分
 □ 自己PRをしてください。
 □ 大交換時代
土-D01 スーパーナンバーワンゲームス
 □ アキハバラーメン
土-D02 ダーシマゲームス
 □ モンスターキャプチャーズG
土-D03 Azb.Studio
 □ ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~
土-D04 三つ目星レストラン
 □ That's NICE!
土-D05 だらら庵
 □ BOKE TORU
土-D06 十字工房
 □ ゴミ!!捨てるな!!
土-D08 BEYOND GAMES
 □ ことバンプ
土-D09 はなぺん工房
 □ Trick yet Treat
土-D10 東京なかよしデザイン
 □ 東京アルティメット賃貸
土-D11 朝渋ボードゲーム部
 □ ちょい知る
土-D14 熊熊飯店
 □ アノコロの俺ら vol.3
土-D17 134V
 □ くだものたろう
土-D18 のすけクリエイト
 □ DIGMINE!
土-D20 ヒゲボウズゲームズ
 □ ノミタノ -飲み会は楽しく飲みすぎず-
土-D22 And You
 □ パンドラボックス
土-D23 トリニティゲームズ
 □ ローグライク~紐に導かれし者たち~
土-D24 朽葉魔法店
 □ MAGUS ARENA
土-D26 ななつむ
 □ 三ツ星ショコラティエ
土-D28 ビストロ怪談倶楽部
 □ 砂上のROW閣
土-D30 あなぐまラボ
 □ まじかる★ろうじょ

土-E11 縞木耳布団
 □ 縞木耳定食
土-E19 Power9Games
 □ ドラゴンズストーンリバイズド
土-E20 トロイホース
 □ Smoothie(スムージー)
土-E24 88create
 □ 魔導士のエレコレ
 □ SKIT DO
土-E25 Sophia Games
 □ History to Heaven
 □ Don't Be SHY!(ドン・ビ・シャイ)
 □ I LOVE YOU
土-E26 ゲームNOWA
 □ 宇宙(そら)逃げろ
 □ SEA JUKE~シー・ジューク
土-E27 イオピーゲームズ
 □ 旗彩(ハタイロ)
土-E29 ひとじゃらし
 □ 磁気力タッチ
土-E30 3D6
 □ ヒロインズ×ロワイヤル Re.PURE
土-E31 いろはにボドゲ
 □ 不思議の国のアリス~理不尽な女王裁判~
土-E32 シュレディンガーゲームズ
 □ スターライトステージ スターターセット
 □ スターライトステージ 拡張カードセット4 ときめきクラウン
土-E33 siroup games
 □ ジュエリー アントワープ
土-E34 新ボードゲーム党販売部
 □ スティンキー
土-E35 Booo!GAMES
 □ 強欲の塔~TOWER OF GREED~
土-E39 A.I.Lab.遊
 □ 狩猟の時代
 □ ピタッとピクチャ
土-E40 ゲンブンゲームズ
 □ Cat Shit One
土-E43 架神恭介ワークス
 □ 仁義なき勇者たちの戦い
土-E44 ろれるり堂
 □ 傭兵稼業
土-E46 そねたん
 □ そねたんと8匹のおともだち
土-E48 しのうじょう
 □ ボムゴルフ
土-E49 てんぐすたん
 □ ラウンドトラップ
土-E50 636GAMES
 □ 勇者対策会議Ⅱ
土-E51 リトルケイブ
 □ 東京サイドキック:デッドオンジアサイラム
土-E53 東京ゲームメイカーズ
 □ タイムトランクマン
 □ トポロメモリー
土-E56 アソビ・ツクース
 □ 閻魔裁判
土-E57 一撃堂
 □ ちぇいにんぐ
土-E58 くだらないもの工房
 □ まよえる仔羊とヤギ
 □ bdpq
 □ PSYCOLO
土-E59 中村誠
 □ ベビーカーでGO!
土-E62 ナニカノキセキ
 □ Toramar
土-E63 おゆうぎ会
 □ Recollectino-リコレクション
土-E65 G・いのせんと
 □ うぇるかむ!にゃんこ
土-E66 JOKER PROJECT
 □ 進捗 of the DEAD
土-E67 米光と優秀なゲームデザイナーズ
 □ 部屋と言葉
 □ 大炎笑 第二版
 □ はっけよいとネコ
土-E68 切札会社ソウキタカ
 □ 雪が解けるまえに
土-E69 六角えんぴつ
 □ オレとオマエの異世界転生2.0
土-E70 花見猩々
 □ ウェザーリポート
土-E74 スプーキーズ
 □ HEXTA ヘクスタ ルール改訂版
土-E75 こげこげ堂本舗
 □ そっくり星人
 □ イヌネコ探偵社
土-E76 つぎはぎ工房
 □ ラプンツェル if ~閉ざされた塔からの脱出~
土-E77 ツマヤ
 □ あのアレなヤバイ動物
土-E79 HOY GAMES
 □ マメィ

土-F03 ぎゅんぶく屋
 □ スノーマンション改訂第四版
 □ アナザークリミナル
土-F04 兄者・人狼ベース&月刊ウェアーウルフ
 □ Barkeepers order trick
土-F05 楽カフェゲームズ
 □ 人狼スペシャルパッケージ
土-F06 リアルゲーム団体PUZZLIAR
 □ 狂人村の宴2
土-F09 AZ Games
 □ 戦争商人
土-F10 ぶんぶんゲームズ
 □ ひも電 新版
土-F11 RAMCLEAR
 □ ダイスニコフ
土-F12 GregoryGames
 □ ボードブレイク
 □ しりとりがっせん
土-F13 ヤマズゲームス
 □ MR.SNEAKY
土-F15 悠久衛星
 □ FDR-フラグメントディグレイン-
土-F21 おすしサーカス
 □ オレたちパイレーツ!
土-F25 SHUNROID
 □ スープメングラーメン
土-F27 UNiCORN ゆにこーん
 □ 熟語スピード
 □ ドゥエッティパンティーノ
土-F26 CBGames & Artesuar
 □ お絵描き10カウント
 □ われらに勇者を!
土-F29 TOY CAPSL
 □ にゃんとマン バッティング→ダイス
土-F30 ボドまん
 □ 陽気なハニーガールと浮気なシュガーボーイ
土-F31 符亀
 □ ロングロングマホウ
土-F34 HShowGames
 □ 感じるポーカー
土-F35 くまのす
 □ ちりつも
土-F36 徳じろー商店
 □ ARIZIGOKU蟻地獄
土-F37 ALL DICE
 □ Devils Manner
土-F38 するめデイズ
 □ ジュエルディガー
土-F40 株式会社セライノ
 □ 24のシナリオ
土-F42 TUCGAME
 □ macaroron macaroron
 □ Make This!!
土-F43 サークルクロス
 □ ちいさいことはいいことだ
土-F44 FR@ games
 □ 大ボラカレー
土-F47 NOY
 □ ひらがなフィッシング
土-F48 Studio Turbine
 □ SHOTGUN TROOPERS
土-F53 第774工房
 □ 青空の3on3
 □ 俺たちのカレーうどん
 □ 迷宮キング/Make You King
土-F55 OVER DRIVE
 □ 『OVER DRIVE(オーバードライブ)』カードゲーム
土-F57 ラプラス・プロジェクト
 □ ラプラス・キャトル
 □ ラプラス
土-F58 godicegames
 □ ニゲルシティ
土-F59-60 OneCours
 □ わんこ食堂
土-F63 Brain Brain Games
 □ ニワトリかラマか
土-F64 TGGA豊富ドイツゲーム協会
 □ イヨマンテ 第二版
土-F65 空理計画
 □ アリスアセンブル
土-F69 ACT Create
 □ 見習イ魔女ノ夜
土-F70 かながわグローバルIT研究所
 □ コンピューターメイカーズ
土-F72 タルトゲームズ
 □ ラミーファイブ
 □ イリーガル・ハイ
 □ ゴーンぎつね
土-F73-74 しらたまゲームズ
 □ さーくら-Sacred-Awkward-Carnage-Record-Apparatus-
土-F75-76 Kino.Q【紙神経衰弱】
 □ やっぱり、変えてよ。
 □ 一行作家
土-F79-80 楽々亭
 □ へんげ対戦

土-G01 岸田ひとり・廃札連盟
 □ アルカジノ6 ~Black Hearts~
土-G02 natriumlamp games
 □ masala magic(マサラマジック)
土-G03 遊戯部すずき組
 □ COLOR CODE ARシール
 □ COLOR CODE + 拡張版 blue mania
土-G05 ASOBI.dept
 □ THIS IS IT
 □ マッチベター!
土-G07 daitai
 □ ポラリッチ
土-G08 Dilettante
 □ トマトラキュラ
 □ ダイスを使ったトリテを二題
土-G09 Colorful Spiele
 □ Loving Penguin
土-G10 Loto&Beyser Games
 □ 金鉱物語~狙え!一攫千金~

土-H02 dGames
 □ #FINDART
土-H03 学校がテロリストに占拠されました
 □ タブーコード
土-H04 nononon factory
 □ サイコロニー
土-H05 Ever Forest Works
 □ リトルアルケミア
土-H06 天朱山の想ひ猫
 □ ―ハヤリモノ―
土-H07 喫茶村崎
 □ Guardians Waltz
土-H08 くじらだま
 □ CMYK!
土-H09 5日目の吸血鬼
 □ 五日目の吸血鬼

土-I04 Takoashi Games
 □ VUGHEX
土-I05 human error
 □ 首都圏レイルローダー
土-I06 アナログランチボックス
 □ airship city -飛行船都市-
土-I07 Regalez
 □ カルボ
土-I08 石膏粉末工房
 □ タテヨコトッパ!ver. 1.5
土-I09 Made in Pocket
 □ Quadrille
土-I10 遊志堂
 □ 生徒会選挙
土-I11 シャオキッズ
 □ ドルルーアの塔
土-I12 有限浪漫&トランプゲーム企画
 □ 人狼デュエル
土-I15 サイコボール
 □ サイコボール
土-I16 スタジオメイセン
 □ 扇の要
 □ 猫の隠れ家
土-I17 tridot
 □ エイテックス
 □ ソレガナイト
土-I18 Qlios Inc.
 □ ジャンキー
土-I19 ギフトテンインダストリ
 □ 間取りのカルタVR
土-I21 だらねこげーむず
 □ スリラレ!&4-slide
土-I22 Red I Games
 □ クロ×クロ
土-I23 XiSize
 □ コミッククリエイター
土-I24 ooyama(オーヤマ)
 □ 犬ババ抜き2
 □ 大貧民星人
 □ ハロウィンのおばけ
 □ トラノスの予言
土-I25 アーケタンデュ
 □ This is yourday ユアデイ
土-I26 もんじろう
 □ 寿司たろう
 □ 男気野球拳
土-I27 植民地戦争+α
 □ メソポタミアの扉
土-I28 ボドランカ
 □ ベストハーベスト
 □ ことバブル
 □ まやかし山
土-I29 緑竜ノ巣窟
 □ 時は巡る
土-I30 Brooks Land
 □ はれのちレインコート
土-I32 ボドゲ部
 □ MAGIC DUNGEON
土-I33 彩彩工房
 □ Virus Money(ウィルス・マネー)
土-I34 東京実業高等学校 卓上遊戯研究同好会
 □ 強制卓配
土-I35 DICE CODE
 □ DICE CODE
土-I36 かめのうきしま
 □ ふえるメジェドちゃん

土-J02 39芸夢
 □ 白猫VS黒猫 / キツネとタヌキの騙し合い
 □ 新キャラ工房
 □ ベストワード
 □ ベストワード2
 □ 名曲カルタ
土-J03 MOZI
 □ Let's Drink 兎ちゃんをどうぞ
土-J05 TanTan
 □ STOP by ZERO
 □ にゃんこおいで
土-J08 TUKAPON
 □ ボブジテンぷらす
土-J10 ホワイトキューブ
 □ 掘り出せ!DAIKONくん
土-J11 達磨ゲームズ
 □ 将軍様、核やめるってよ。
土-J12 コロラボ
 □ Facili-Tale
土-J13 WEST EIGHT / T.A.WORKS
 □ ウィッチメーカーズダービー
 □ Operation Master-オペレーションマスター
土-J14 gemini studio
 □ 六拳
 □ Rubic
 □ Celo
 □ Magnetz
 □ Perfect Number 28
 □ あの雲拡張
土-J16 ハピクリ!!
 □ エキサイティン☆モチツキ
土-J19 ボドゲイム
 □ ブンプ星人
土-J21 Mob+
 □ 闇鍋奉行
土-J22 鯨サイダー
 □ 座敷童子は浮気性。
土-J24 オズプランニング
 □ ヴァノスギア 邪神降臨
土-J25 CHEWIN GAMES
 □ パチまち!
土-J26 ハッピーゲームズ
 □ ZIXZA(ジグザ)
土-J27 高天原
 □ 2人でホメロー
土-J28 COLON ARC
 □ コティングリーフェアリーズ ~妖精の見つけ方~
 □ バルーンナイト
土-J29 やづ屋
 □ 奈江塚村連続猟奇殺人事件 -キミとラブどきっ♥くれいじ~-
 □ ネルトリンゲンの町
土-J30 TDS
 □ さくっと小牧場 ver.2
土-J31 マン・ホール
 □ 魂乗りピエロ
日-J32 スタヂオひまつぶし
 □ 空賊と宝島
土-J33 Strategy Hex
 □ INVESTOR
土-J34 九品
 □ スノウデイ エンカウンターズ 
土-J35 さいなげ
 □ トライド

土-K05-06 フジゲームファクトリー
 □ やまとかるた
 □ イカイルカ?
 □ DRUNK -- 私の酒が飲めないの? --
土-K22 るりるりゲームズ
 □ そだべー
 □ 茸 VS 筍4と5
 □ 5.55%
 □ メポソタミア
 □ おひとつどうぞ
 □ トリテセット3
土-K25 くらげシステム
 □ ダイスガールズ第6弾
 □ ダイスガールズ プロデューサー追加ルール
土-K29-30 ねこにがし
 □ ねこにがし
土-K37-38 カラメルカラム
 □ Vチューバーをたたえよ!
土-K39-40 デバッグモンキーズ
 □ Wacryll
 □ Qubism
 □ ゾンビパニックとライフルおじさん
土-K41-42 カウベルゲームズ
 □ ブレーメンのオーケストラ
土-K43-44 OTOKOMAE GAMES
 □ デンジャラス
土-K47-48 Saashi & Saashi
 □ バスルートをつくろう 京都市交通局 市バス90周年記念版
土-K49-50 イマジンゲームズ
 □ ラララうちゅう
土-K51-52 ヤネカンのボードゲーム工房
 □ ガッチャ~God Chance~
土-K53-54 off-box
 □ 百合紅-ゆりくれ- 拡張「うつろひ」
 □ Colonize 植民地資本主義
土-K55-56 J.C.クリエイツ
 □ フォー・エクスプロイツ

土-L01-02 慶應HQ
 □ SINGULARITY
土-L04 アップル・コミュニケーション
 □ 核心
土-L06 しめりけ
 □ 魔法少女は後ろがお好き -泥沼3回戦-
土-L07 蓑竹屋GAMES
 □ 名もなき魔王 リバイズドエディション
土-L10 GAKINCHO-heartBOX
 □ 甲冑どーる
土-L11-12 ハピプロ
 □ わくわくワーク
土-L13 パレー堂
 □ けものほのぼの
土-L16 AMaRo Project.
 □ どうぶつつなひき
土-L17 トコ
 □ クマネコパンダ
土-L18 ギロチン草どりる
 □ THE BLACK 社畜の鑑
 □ 使い魔バトル
土-L19 ピグフォン
 □ クロスワイルド
土-L23 まよあじ
 □ ウホカルタ

日-D35-36 アメ
 □ Story's~Root 53~

日-E19-20 Favori
 □ Zooといっしょ
日-E48 MOVIE ROCK
 □ 海底基地ネオアトランティスからの脱出
日-E55 KEY商会
 □ ガチ鬼
日-E57-58 妄想ゲームズ☆
 □ スポットショット
日-E59 藤つるやよい工藝舎
 □ 誰がために金は鳴る
日-E64 フルハウスゲームズ
 □ ぱんどらねこ
日-E66 できうすカンパニー
 □ 海鮮魚ーず
日-E67 米光と抜群のゲームデザイナーズ
 □ こころ-青春葛藤編-
 □ ツギハギ探偵団(新版)
日-E69 エソラゴト
 □ 英勇リクルート
日-E70 工藤さんのゲーム
 □ Deck the Tactics
日-E71 FUJIMOSCALE
 □ 魔法道具が使えないなら物理攻撃ればいいじゃない
日-E72 Going Lond On
 □ 12マスの攻防
日-E73 盤上プロジェクト
 □ 盤上の逃走劇
 □ 盤上の大海戦
日-E77 CERTiA
 □ Alice in Dreaming War
日-E78 ブッコ
 □ ムンズト
 □ ヒモトキ
日-E80 さとーふぁみりあ
 □ ハピエストタウン第2版

日-F05 篠原遊戯重工
 □ お山の神さまご勘弁
日-F06 ダイスキャスターズ
 □ 賽雲
 □ 煌猫
日-F07 クリッティニア
 □ アルバ・シビタスのあるきかた
日-F12 Y.Seminar
 □ トレコマneo
日-F14 もぐらのしっぽ
 □ レリックファインダー
日-F15 たぬきつね工務店
 □ Nostalgic ~ノスタルジック~
 □ GEMSTONEMINE
日-F16 STUDIOアカランタン
 □ Re:迷宮(リメイク) 拡張セット
日-F22 HIchain Project
 □ HICHAIN PLUS
日-F23 SelfCreative
 □ Anabasis
日-F24 Element Creators
 □ セパレクト~Separate&Select~
日-F27 SHIKUIMN XXXの仕組み
 □ SHIKUMIN:副業の仕組み
日-F29 CLOUDGEAR GAMES
 □ MECHRIV
日-F30 レグルスゲームズ
 □ カランコロン人狼
日-F31 北のゲーム部
 □ マジョリ
日-F32 ランチボックス
 □ 早撃ちパンツ!
 □ ブラふ
日-F33 conception
 □ ことりまっち!
 □ えすぺらんさー
日-F35 臨海樹園
 □ シスターズチェイン
 □ 東方二面相・Season1
日-F36 PON-P
 □ PON-P
日-F38 Jugglers☆Party
 □ みんなで七味ならべ改
日-F40 BGLAB
 □ おしりとれ
 □ アニマルニナル
日-F41 タニシクラフトワークス
 □ お花見!場所取りバトル
日-F42 ゲーミグ(株式会社Megg)
 □ 猫あわせ
 □ 超必殺技
日-F44 SMART500ゲームズ
 □ 全てをそこに置いてきた
 □ ゾンババ
日-F45 のむゲームズ
 □ あいどるの推し事
日-F47 HL秋葉原&HL大宮
 □ SWEETS PARTY!
 □ リワードロー
日-F48 Children's Tree Games
 □ ねこねこドミノタウン
日-F49 フダコマゲームズ
 □ クーペレイション
日-F50 ささみ企画 & テールゲームズ
 □ 風見鶏
 □ 家具屋姫
日-F52 万屋楽団
 □ 謎解きは形容詞のあとで事件簿
日-F54 Tapir Studio
 □ 全然飲んでへんやん!
日-F56 a_boost games
 □ 君が撃て 俺が葬る
日-F57 KK.Factory
 □ ブレーメン
日-F59-60 U.I games
 □ ねえねえ無人島に何もって行く?
日-F63 よぐゲーム
 □ 囁きノ館
日-F64 エクストリーム将棋
 □ エクストリーム将棋
日-F65 ダイシーワークス
 □ トリッキービリー
日-F66 ゲンゲゲームズ
 □ ブラックバッグビジネス
日-F67 TsukubaGames
 □ THEプロレス王
 □ テキサストリック
日-F69 ちょんまげ工務店
 □ 重機りんりん
日-F70 コンバディダス
 □ おそうじとねこ
日-F71 Team:ぱぴるす
 □ りすのほっぺ
日-F72 百一
 □ きっとレースゲーム
日-F77 Best Answer
 □ Best Answer
日-F78 J's C Labo
 □ メイキュートッパ! 探検 妖精の森
 □ 遊んで学ぼう!地域通貨
日-F79-80 武田商店
 □ ねこツボ揃え!

日-G01-02 sukuranburu
 □ ナゾトキゲーム code:box #2 -死霊使いとはじめてのともだち編-
日-G05 カイダンズ
 □ カイダンズ-東京編-
日-G07 GEKITETSU
 □ その団子をオレにくれ暫定版
日-G09-10 7キューブ
 □ ポテトチップス・暗黒の迷宮
日-G11 ライフタイムゲームズ
 □ 双六俳諧紀行おくのほそ道
日-G13 カノジョをつくろう
 □ カノジョをつくろう!2
日-G14 おやすみフロマリモ
 □ おはなつみ
 □ 蟹のスープ
日-G15 30000000000
 □ ダイモーン
日-G16 めだまやき本舗
 □ お姫様と結婚詐欺師
日-G17 ウニゲームス
 □ 真贋のはざまで
日-G18 黒狐茶菓屋
 □ DOGGYS!!
日-G19 なりきんや
 □ ゲットザカロリー
日-G20 ハコニワ観光局
 □ 回る遺跡
日-G21-22 四等星
 □ 破天荒な結婚相談所~ママレード・クラブ~
 □ サンティエゴ・デ・コンポステーラ

日-H05-06 北国ゲームズ
 □ 俺達バーチャルユーチューバー
日-H07-08 ましうgames
 □ すごくすごいヨガ
日-H11-12 経済ゲームズ
 □ ロケットエコノミー
日-H15 Paix GUILD
 □ Dice Code
 □ gentsu
日-H17 日和工房
 □ コマフダ
日-H18 HappyLifeSpice
 □ DOUBLE BICEPS
日-H19 早稲田大学さんぽを面白くする会
 □ 散歩る。
日-H21 グループ乾坤一擲
 □ ライン演習作戦第2版

日-I05 テーブルトップ・フロンティア
 □ いんぷろ!ラブコメ
日-I07 シヴァ玩具遊戯
 □ 72 DEMONS OF GOETIA
 □ 人外の代理人
日-I09 わたし、ですか
 □ ピタホリ
日-I10 按理具庵
 □ リリリチェス
 □ ジュエルズチェス
 □ FESCAワイルドラミーR
日-I11 十式ゲームワークス
 □ ひとりならはやく
日-I12 なるしすエンターテイメントカンファレンス
 □ サイコロコロンブスの卵 第3版
日-I14 ヒラメキ工房
 □ 多段三目&積木パズル
日-J15 和ゲームス
 □ Magne
日-I19 出汁巻亭
 □ アンドレさんとドロボウたち
日-I20 NSGクリエイト
 □ 突撃!今夜の晩ごはん~朝食&スイーツ編~
 □ くるっぽぉジャングル
日-I21 鳴海製作所娯楽部
 □ BLACK POKER -ブラックポーカー-
日-I22 テレフダ
 □ それとなくRPG
 □ 検索探偵
日-I23 ADG
 □ ドルフィンスナップ
日-I24 ノン・プロダクト・プロダクション
 □ SPY(エス・ピー・ワイ)スパイ養成キット
日-I27 Studio GG
 □ ミステリーホームズ
日-I28 STUDIO U×F
 □ トレンド
 □ 大熊山
 □ フラクション・ポーカー
日-I29 シメシメゲームズ
 □ こたつのなかからでたくない
日-I33-34 シダーブックス
 □ 侍~出陣~
日-I39 常盤倶楽部
 □ ヒントをいいます
 □ りくふぇす!
 □ 篆文かるた
 □ ダマされるな!
 □ ドキドキ♥狼彼氏を探せ!
 □ ヤツをさがせ
 □ 7 Kings
 □ なぞときどうぶつえん
日-I40 カカト
 □ 星の旅行社
日-I41 晴れのちファンブル
 □ ふぇありーふーる

日-J01 Artemisia
 □ Brocken
日-J02 帝国工廠
 □ Adventurer's Life
日-J03 らめれこげーむず
 □ ラメットサミット
日-J05 PREOPEN
 □ 羊が見たい
日-J06 番次郎
 □ Board Game Quiz NEXTAREA
日-J07 LOGY GAMES
 □ Lumber Merchant (材木商)
日-J09 ノスゲム
 □ アメのふる町 キャンディアベリー
日-J12 ASOVIVA
 □ ねこげっとLite1
日-J13 サークル713
 □ ゲットコネクト
日-J16 湘北短期大学高木ゼミ
 □ めざせ!卒業!!
日-J17 アミノ酸トランプ
 □ アミノ酸トランプ
日-J19 HLKT工房
 □ デコピンスペースクラフト
日-J20 758ボードゲーム会
 □ 手札のないトリテ NoHand
日-J21 西大路ブラザーズ
 □ 落ち羽拾い
日-J23 おいしい漬物
 □ BLACK CAT
日-J26 ちゃがちゃがゲームズ
 □ 貴族の財布
日-J27 劇団kabrock
 □ ロックスターイズマイライフ
 □ セブンストリガー
日-J28 HACKist_
 □ PLANET LAB
日-J29 れがてく
 □ うさぎのヴァルシット
日-J35-36 ZZZ Games
 □ まいごくつ下のぱなしちゃん
日-J39 RooM-1
 □ バト狼~Battle Werewolf ~
日-J40 おにやんま
 □ 人労
日-J41 愛好家必見カレーのボードゲーム
 □ 最後の探偵
日-J42 インスタント・インスト
 □ I'M NOT GOAT(ヤギじゃないよ!)
日-J43 じゃこ部
 □ くまさんがみてる

11月18日に日テレ系のテレビ番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」にて、「第3回 世界のテーブルゲームを遊び尽くせ!」というテーマで出演者が4タイトルのボードゲームを遊ぶ様子が放送された。この番組では今年3月からボードゲームが取り上げられており、6月は2週連続だったため通算4回目。

プレイされたのは同じ果物が5つになったらすばやくベルを押す『ハリガリ』、説明を聴きながら絵を描いてチェックポイントを見る『デュプリク』、上に重ねられる3目並べ『ゴブレットゴブラーズ』、不安定な台の上から崩さないように木のコマを取る『バンボレオ』の4タイトル。

お絵描きゲームとしては初めてとなった『デュプリク』は、浜田氏の絵に「時空がゆがんでいる」など皆がツッコんで盛り上がった。2人専用の『ゴブレットゴブラーズ』はトーナメント戦でプレイ。観戦した松本氏が「これは売れるな」とコメント。『バンボレオ』は1回目が1個取っただけで崩壊、2回目は残り5個になるという極端な展開で面白さが十分に伝わる内容だった。

『ハリガリ』と『ゴブレットゴブラーズ』は入手が容易だが、『デュプリク』日本語版と『バンボレオ』は品薄状態でプレミア価格が付いている。

この番組でこれまで取り上げられたボードゲームは以下の通り。
第1回(2018年3月4日):『空飛ぶじゅうたん』『おばけキャッチ』『そっとおやすみ』『トイレットトラブル』『ナンジャモンジャ』『パイフェイス』
第2回(2018年6月10日):『デジャブ』『スピードカップス』『ウィ・ウィル・ロック・ユー』、『ダンシングエッグ』、『びりびり早押し電気ショックゲーム』
第3回(2018年6月17日):『キャプテンリノ巨大版』『ブロックス』『トゥクトゥクウッドマン』

ボドゲde遊ぶよ!! phase 12-6

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬に発売する予定の輸入ゲームのリストを発表した。いずれも先月のエッセン・シュピールで発売された新作で、外国語版に日本語ルールが添付される。

キーフロウ(Key Flow)
ゲームデザイン:S.ブリーズデイル&R.ブリーズ&I.ヴィンセント、イラスト・V.ダルトン、R&Dゲームズ(イギリス)、2~6人用、14歳以上、45~75分、7600円(税別)。
『キーフラワー』の後継となるキーシリーズ最新作。大河「キーフロウ」では建設や交易のための物資を積んだ船が行き交いしている。河岸には建物が立ち並び、船が桟橋に舫われ、家畜たちが牧場の草を食んでいる。プレイヤーは、この河に沿って生活共同体を作り上げ、労働者(おなじみの"キープル")を自らの建物や他のプレイヤーの建物に送り込み、労働に従事させせ、経済的な発展と繁栄を目指す。
システムはドラフトとカードドリヴンで、各季節(ラウンド)にカードが配られ、その中から1枚を選んで取り、残りをとなりのプレイヤーに渡していく。これらを使って建物や動物、キープル、資源などを手に入れ、4ラウンドの最後に得点を競う。
キープルとワーカープレイスメントの要素を残しつつ、カードドラフトのゲームとしてデザインされた作品だ。

オーズトラリア(AuZtralia)
ゲームデザイン・M.ワレス、イラスト・J.コーマー、ストロングホールドゲームズ(アメリカ)、1~4人用、13歳以上、30~120分、9500円(税別)
クトゥルフ神話をテーマにした同じ作者の推理ゲーム『翠色の習作』にインスパイアされた開発ゲーム。パラレルワールドの1930年代オーストラリアに逃れた人類が、旧支配者たちの目覚めに備える。
プレイヤーは、港を建設し、鉄道を敷設し、鉱山を開発し、食料生産のために農場を拓くと共に、軍隊や協力人物を手に入れて戦いに備える。ある時点で旧支配者たちが目覚めると、恐るべき破壊を伴って移動する。そのときには悪夢の存在を見つけ出して戦う軍隊、プレイヤーの助けとなる技術や資源をもたらす人物の協力が必要になる。
ゲーム中、いかなる行動にも時間がコストとしてかかってくる。ほかのプレイヤーと協力して、人類の勝利を目指す。

ゴビ:砂漠の民(Gobi)
ゲームデザイン・S.グラハム&S.ハチントン、イラスト・M.シャルメル、カプシカムゲームズ(フランス)、2~4人用、10歳以上、40分、4500円(税別)
巨大な砂嵐によって離れ離れになった遊牧民を再び合流させるタイル配置ゲーム。手番にはタイルを置き、隣接するタイルにラクダを配置する。タイルにはそれぞれ遊牧民の部族名が記されており、同じ部族名の記されたタイル同士を自分のラクダでつなげると、義理堅い遊牧民たちから贈り物がもらえ、ゲーム中の特殊能力と終了時の勝利点になる。5頭以上のラクダでつなぐと特別な贈り物である珈琲(7勝利点)が手に入る。
全てのタイルが配置されたらゲーム終了で、得点で勝敗を決める。

長野県小諸市に11月9日、週末ボードゲームカフェ「KEY-DICE」がオープンした。JR小諸駅徒歩2分、金曜16:00~23:00、土日曜13:00~23:00、月~木休。

約60種類のボードゲームが遊べる。料金は金曜1時間400円(最大1600円)、土日曜1時間500円(最大2000円)、ワンオーダー制。飲み物はソフトドリンク300円、アルコール類400円に加え、軽食メニューもある。食べ物の持ち込み可。

長野県内のボードゲームカフェは長野市内の「SUBBOX」「adhoc」、上田の「Blokus」に続いて4件目となる。

KEY-DICE
長野県小諸市相生町1-4-14
[Twitter link]

ニューゲームズオーダーは11月24日、ゲームマーケット2018秋にて、ケーキの切り分けをテーマにした『もっとホイップを!(Piece o' Cake / ...aber bitte mit Sahne)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.D.アラーズ、イラスト・ママダユースケ、2~5人用、8歳以上、20分、2000円(税込)。

ケーキを最後に取る人が切り分けることで平等になるというケーキ切り分け問題をテーマにしたゲーム。オリジナルは2008年、ウィニングムーブズ社から発売され、日本で好評を博しながらも、絶版になって久しい作品である。ケーキからピザに変えた『ニューヨーク・スライス』が昨秋、アークライト社から日本語版として発売されている。

自分の番にはいろんな種類のケーキピース11枚を人数分に組にして分け、隣の人から順番に取ってもらう。自分が取るのは最後の1組。取ったら、ピースごとに食べる(すぐに得点)か残すかしておき、また新しいケーキを並べる。こうして5枚のケーキを切り分けた後に、残しておいた分で種類ごとに一番多く集めた人に得点が入る。

種類ごとに枚数が異なり、枚数が多いほど得点が高い。また途中で食べる人がいると最多が変わる。ゲーム中に誰が1位か、今回のケーキを分けることで逆転できるかということが分かるため、美味しそうなイラストと裏腹にひりひりするような展開になる。たった一切れが勝敗を分け、終わった後は血糖値の補充も含めてケーキが食べたくなる作品だ。箱はドイツ語版よりだいぶ小さくなるが、タイルの大きさは変わらない。

ゲームマーケット2018秋、11月24・25日開催

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

国内最大規模のアナログゲームイベント「ゲームマーケット2018秋」が11月24日(土)、 25日(日)、東京ビッグサイト(西3,4)にて開催される。10:00~17:00、入場料1000円、高校生以下無料(小学生以下は保護者同伴、中学生・高校生は学生証提示)。

11520㎡の会場に、2日間合計で779ブース(重複除く)が出展し、500タイトル以上(見込)の新作が発表され、22000人の参加者を見込む。ブースの内訳はエリア10、企業94、一般土曜350、一般日曜325、特設10。

会場内には販売だけでなく多くの試遊卓があり、 その場でゲームの説明を受けて実際に遊ぶことができる。また小学生以下の子どもが遊べるコーナー (ゆうもあ)や、TRPG体験コーナー「TRPGフレッシュフェス」、クトゥルフ神話TRPGトークショー (KADOKAWA)、リアル謎解きゲーム「ドラキラ」(よだかのレコード)、フリーマーケット(浅草ボードゲームフリーマーケット事務局)、チャリティー販売(おひさまネットワーク)、ふくびきコーナーなど、 性別や年齢を問わず1日中アナログゲームが楽しめる。

2日目の13時から、ゲームマーケット大賞2018の発表と授賞式が行われる。先月発表されていた優秀作品5タイトル『Improvement of the POLIS』(Head Quarter Simulation Game Club)、『たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ』(CRIMAGE)、『天下鳴動』(77spiele)、『東京サイドキック』(リトルフューチャー)、『トリックと怪人』(BrainBrainGames)から対象に選ばれるのはどれか、当日のお楽しみ。

ゲームマーケット公式


© アークライト

アークライトは12月20日、『ディスカバー:未知なる大地へ(Discover: Lands Unknown)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・C.コニーツカ、イラスト・J.ブローカル&C.チャウ&K.ウィジャジャ、1~4人用、12歳以上、60~120分、7500円(税別)。

ファンタジーフライトゲームズ(アメリカ)が今秋発売したばかりのテキスト系ボードゲームが早速日本語版になる。ゲームデザインは『エルドリッチホラー』『マンション・オブ・マッドネス』などのストーリー系で知られるコニーツカ。コンポーネントの組み合わせがランダムに入っており、箱ごとに異なるところが新基軸で注目されている。

目を覚ますと見知らぬ大地に立っていたプレイヤーたち。生き延びるために食料を集め、道具を作ると、同時に未開の地を探索し、クリア条件の手がかりを見つけ出さなければならない。ほかのプレイヤーと協力するか、競争するかはシナリオ次第。

シナリオに沿ってゲームを準備し、昼フェイズと夜フェイズを交互に行う。昼フェイズには収集、偵察、料理、工作、交易、調査、戦闘などを行い、夜フェイズにはイベントカードを引いて対処する。クエストカードに指示された条件をクリアすることで次の指示があり、最後のクエストカードに記された勝利条件を目指す。その前にダメージを多く受けると脱落してしまう。

各箱ごとにシナリオ、キャラクター、アイテム、敵、地形などのパックがいずれもランダムに封入されており、ストーリーの可能性は無数。多様な謎解きとアドベンチャーが楽しめる作品だ。

内容物:マップタイル34枚、サバイバーコマ4個、カード254枚、ダイス2個、トークン類200個以上、状態トラッカー4個、地形リファレンスガイド2冊、ルール説明書1冊(カードサイズ:小41.5×63.5mm(221枚) 大57.5×89mm(33枚))


(写真は英語版)

天下鳴動(World Rumbling)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

援軍を送って劣勢を逆転!

tenkameido.jpg

全国11のお城を巡って勢力を争う戦国時代のダイス国盗りゲーム。77spieleがゲームマーケット2017秋に発表し、ゲームマーケット大賞の優秀作品に選ばれている。全く飾りのない白黒ボードだが(新版はカラーになる模様)、先の先を読む戦略性とダイス運、最後まで高まっていく興奮曲線で夢中にさせる。

それぞれのお城に2から12までの得点がランダムに割り振られてゲームスタート。手番には3つのダイスを振って組み合わせ、そこに自分の兵士コマを送る。組み合わせ方は2つのダイスの合計のお城に、もう1つのダイスによって1~3個。出目が全部違っても、組み合わせのパターンは6通りだけである。出目がよほどよくない限り、得点の高いお城には多くの兵士を送り込めないところが面白い。

ほかに兵士を移動させたり手元に戻したりできる「軍隊カード」がゲーム中に1回だけ使える。効果はそれほど強くないように見えるが、このゲームは兵士コマ1個の差で展開が劇的に変わるので疎かにできない。

これを繰り返し、全員の兵士コマがなくなったらゲーム終了。1回の手番で置けるコマの数が違うので、終わった人からパスとなる。先に抜けると次の得点計算で同数になったとき勝てる権利がもらえ、後まで残るとほかの人が置き終わってから調整するという手も(ダイス運が良ければ)ある。

さていよいよ得点計算。2点のお城から、そのエリアにある兵士コマの数を比べ、1位の人がその得点、2位はその半分の得点を得る。1位の人は、隣接する国で自分の兵士がいるところに、新たに援軍コマを2個ずつ置くことができる。これによって、より得点の高いお城の勢力がどんどん変わっていく。最後の12点のお城では、あちこちから援軍がやってきて激戦が繰り広げられることになるだろう。

このように前のお城で勝利すると近隣に援軍を出すことができる連鎖反応システムがあるために、兵士コマの置き方も悩ましい。得点が低めのお城で勝って援軍を送るか、得点が高めのお城にたくさん配備して固めるか。ドイツゲームの王道であるエリアマジョリティ特有の悩ましさがあるが、ダイスでコントロールすることでスピーディに行うことに成功している。プレイ時間は20分程度。重いのに軽く、軽いのに重いゲームである。

天下鳴動
ゲームデザイン&アートワーク・与儀新一/77spiele(2017年)
2~4人用/10歳以上/20~40分

starshipsamuraiJ.jpgアークライトは12月13日、『スターシップ・サムライ(Starship Samurai)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・I.ヴェガ、アートワーク・ガンシップレボリューション、2~4人用、14歳以上、60~90分、6600円(税別)。

オリジナルは今夏、プラッドハットゲームズ(アメリカ)から発売された作品。戦乱の時代を迎えたロータス銀河で、「サムライ・メック」の力を使い、皇帝の座を勝ち取ることを目指す和風SFゲームだ。

ロータス共国連合は銀河皇帝ホシの崩御後、4つの共国、ノヴァ、パルサー、ガンマ、ヴォイドに分裂した。それぞれ国は支配者「ダイミョウ」を皇帝の正当な後継者として立て、戦乱の世が訪れた。

プレイヤーは、この「ダイミョウ」の一人となり、「サムライ・メック」と艦隊で敵を倒す。小共国の賛同を集め、次代皇帝の座に就くのは誰か?

圧倒的なミニチュアフィギュアと、『デッド・オブ・ウィンター』の作者がデザインした陣取りのマッチした作品だ。

内容物、ルールブック1冊、同盟ボード1枚、星域ボード4枚、プレイヤーボード4枚、アクションカード48枚、ユニットカード16枚、星域カード16枚、母艦コマ4隻、サムライ・メックコマ8体、戦闘艇コマ32隻、資産トークン44個、親マーカー1個、得点マーカー4個、命令トークン16個、小共国トークン8個(※カードサイズ星域カード70×120mm、他64×89mm)

starshipsamuraiJ2.jpg

オインクゲームズは11月24日、ゲームマーケット2018秋にて『トリックと怪人(Tricks and the Phantom)』を一般発売する。ゲームデザイン・齋藤隆、アートワーク・佐々木隼、2~4人用、9歳以上、15分、2200円(税別)。ゲームマーケット会場(エリア5)で試遊・購入可能(特別価格2000円)。

オリジナルはゲームマーケット2017秋でBrainBrainGamesから袋入り発売されたカードゲーム。ゲームマーケット大賞2018の優秀作品に選ばれている作品が、新パッケージでリメイクされる。謎の事件の捜査官となって犯人を探し出すが、容疑者の中には正体を偽る「怪人」が紛れており、捜査を撹乱する。

ゲームは人物カードを各自2枚ずつ配り、1枚を伏せて出し、その中で誰が犯人かを指差していくだけ。基本的には一番数字の高い人物が犯人で、カードを出したときにだいたいの強さ(3段階)も示されるが、それぞれ特殊効果があり、どんでん返しも起こりうる。犯人の予想は順番に行うので、ほかの人の予想がヒントになることもあるだろう。

さらに「怪人」はだいたいの強さを偽ってよいため推理は混迷を極める。間違って「怪人」を指差してしまうと勝利点を奪われてしまう。はたして「怪人」はいるのかいないのか、いるとしたらそれは誰なのか、それを見極めた者でなければ犯人にはたどり着けない。

全員が予想したらカードをめくり、どの人物が犯人だったかを確かめる。当てた人数によって得点が変わり、残り1枚の手札で2回目を行う。これを繰り返して規定点に達した人が勝つ。

少ないカード枚数とシンプルなルールからは想像できない推理小説のような展開が待っている。短時間で手ごたえある推理が楽しめる、ミステリー・カードゲームだ。

内容物:カード11枚、サマリー4枚、得点チップ計25枚、虫めがねチップ4枚、情報トークン3種12枚、遊び方説明書(日本語・英語)

オインクゲームズ:トリックと怪人

pandemicfrJ.jpgホビージャパンは12月中旬、協力ゲーム『パンデミック:ローマの落日(Pandemic: Fall of Rome)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.リーコック&P.モリ、イラスト・A.カナーニ&O.ローソン&A.マイネズ、1~5人用、8歳以上、45~60分、5000円(税別)。拡張セットではなく、単品でプレイ可能。また限定生産で再版はされない予定。

『パンデミック:イベリア』『パンデミック:ライジングタイド』に続く歴史テーマシリーズ第3弾。古代ローマ帝国が舞台で、5世紀初頭から数十年に及ぶ政治的腐敗、経済的危機、軍隊の疲弊、好戦的な蛮族の襲撃から帝国を救う。デザインには『パンデミック』の作者であるリーコックと、『アウグストゥス』や『ヴァスコ・ダ・ガマ』など歴史もので定評があるイタリア人デザイナーのモリがあたった。

各プレイヤーは執政官、商人、女祭司など特殊能力を持つ役割になり、帝国が制圧される前に5つの蛮族―アングロ=サクソン、フランク、ヴァンダル、西ゴート、東ゴート―と同盟するか、またはそれらの蛮族を殲滅することを目指す。その前にローマなどの都市が略奪されるか、いずれかの蛮族がローマの領土を蹂躙するか、帝国の資源が尽きた場合、全員の敗北となる。

難易度レベル調整や、上級者向け選択ルール「ローマは世界の首都なり」、ソリティアルールも用意。おなじみの連鎖反応システムに新しいシステムを加えた作品だ。

内容物:ゲームボード1枚、戦闘ダイス3個、役割カード7枚と  プレイヤーコマ7個、プレイヤーカード70枚、参照カード7枚、蛮族カード49枚、蛮族コマ100個、軍団コマ16個、砦コマ6個、同盟マーカー5個、侵略頻度マーカー1枚、衰退マーカー1枚 ほか

バンダイは11月10日、立体型ボードゲーム『ドラえもん 立体地球大探検ゲーム』を発売した。2~5人用、6歳以上、30~60分、4,298円(税込)。

海底・地上・宇宙の3段あるエリアでお宝カードを集め、障害物をよけて頂上のドラえもん惑星を目指す。ドラえもんの頭にある惑星ルーレット投入口にボールを入れて、落ちた場所のルーレットマスの数だけコマを進め、止まったマスの指示に従い、お宝カードを手に入れる。全員がゴールした時にアイテムカードの合計ポイントが最も多いプレイヤーの勝利。 

途中には下のエリアに落ちる落とし穴や、当たるとお宝カードを失う隕石が待ち受ける。1~6で好きな数進めたり、落とし穴を回避したりできるどこでもドアなど、ゲームを有利に進めるひみつ道具カードで戦略的にゲームを進めよう。

制作にはゲームデザイナーの中村誠氏が関わっている。

内容物:本体1セット、ゲームボード3枚、プレイヤーコマ5体、隕石1個、ルーレットボール2個、お宝カード66枚、ひみつ道具カード25枚、謎の少女・謎のトレジャーハンターチップ10枚

11月13日放送のインターネットTV番組『スピードワゴンの月曜The NIGHT』は、「秋の夜長にボードゲームSP」と題してボードゲーム5タイトルをプレイする様子が放送された。この番組でボードゲームが取り上げられるのは5回目。

ルール説明とゲーム進行は毎回恒例、ボードゲーム芸人のいけだてつや氏。見分けのつかないコマを取る『ミスターダイヤモンド』(絶版)、見かけだけで犯人をプロファイリングする『アンユージュアルサスペクツ』、同じ色や形がくっつかないようにして上から板を落とす『ドロップイット』、並んだカードをかまないですばやく読み上げる『トマトマト』、演技力で言葉のニュアンスを伝える『ベストアクト』が紹介された。一緒に遊んだゲストは岩井勇気氏(ハライチ)と、荻野由佳氏(NGT48)。

限られた時間内で数多く紹介するためアレンジルールもよく、またスピードワゴンのふたりが自らルールを付け加えたりして存分に楽しんでいた。いけだ氏はルール説明だけでなく、ゲーム中の盛り上げ役や参加者の発言へのツッコミも上手で、小沢氏から「自然に聞いてたけどおまえすごいな!」とお褒めの言葉。最後に荻野由佳氏が『ベストアクト』の番組オリジナルお題「好き」に挑戦している。

番組は放送終了後も下記のリンクから無料で視聴できる。

Abema.tv:スピードワゴンの月曜The NIGHT#133~第五回ボードゲームで遊ぼうSP~

cavernavvJ.jpgホビージャパンは12月中旬、『カヴェルナ:忘れられた部族(Caverna: Vergessene Völker)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.ローゼンベルク&A.ウィルバー、イラスト・J.G.カヴァ&K.フランツ、1~7人用、12歳以上、30~210分(プレイヤー人数×30分)、4000円(税別)。プレイするためには基本セット『カヴェルナ:洞窟の農夫たち』が必要。

『アグリコラ』の後継作で、ドワーフたちが森林と洞窟を切り拓く農場経営ゲームに拡張セットが登場。オリジナルは今秋、ルックアウト社から発売された。ケイブゴブリン、ダークエルフ、人間、トロルなど8つの新しい部族を加え、それぞれ異なる特殊能力でゲームに挑戦する。

ケイブゴブリンは最初からワーカー3人でゲームを始められるが、資源を取りこぼしてしまう。エルフは森林スペースに部屋を作れるが山地スペースを掘るにはルビーを支払わなければならない。トロルはイヌもロバも食べてしまうが食料消費量が多い。このように長所と短所がセットになっており、いかにして長所を活かし、短所を補えるか、ゲームはよりチャレンジングになる。

さらに、各部族に応じて4つずつ新しい部屋タイルがあり、基本ゲームの部屋タイルと入れ替えられる。どの種族を選ぶかによって戦略やアクションスペース・部屋タイルの選び方が大きく変わり、多様なゲーム展開を楽しめる。

内容物:部族ボード8枚、サマリータイル8枚、部屋タイル22枚、坑道/広間タイル16枚、ルビー鉱床/畑タイル8枚、お金16枚、草原/牧場タイル8枚、果実の宝石24枚、キノコ24枚、ケイブゴブリンマーカー1枚、ゴブリンマーカー7枚、ルールブック

cavernavvJ2.jpg

沖縄・沖縄市に11月1日、プレイスペース「Roll the Dice(ロール・ザ・ダイス)」がオープンした。バス「コザ十字路」下車徒歩3分、木~土曜16:00~22:00、日曜11:00~18:00、月~水曜休。

店名はダイスを転がしたり、カードをめくったりするボードゲームのドキドキワクワク感をたくさん感じてほしいという思いから付けられたという。学生も利用しやすいような手頃な価格設定と、親子で遊びやすいよう座敷席を用意する。

席数は12席で、遊べるボードゲームはオープン時約40種類。料金は2時間500円。ドリンクと駄菓子類を販売。今後はTRPGセッションなどのイベントデーを設けていければと比嘉店長は語る。

沖縄県内のボードゲームカフェ・プレイスペースは那覇市内に3件のほか、豊見城、浦添、名護にもあり、全国的に見ても盛んな地域となっている。

Roll the Dice
沖縄県沖縄市美里1-2-9比嘉店舗美里右号室/TEL:0989899771
[Web ] [Twitter ]

11月9~12日、イスラエル・エルサレムにて第10回ラミィキューブ世界選手権が開催され、日本代表の沼尻こうへい氏が優勝を果たした。日本代表が優勝するのは前回大会の斎藤王様氏に続き2大会連続4回目。

ラミィキューブ世界選手権は1991年のイスラエル大会以来3年に1度行われており、日本代表は第1回と第5回に桑原正人氏が、第9回に斎藤王様氏が優勝を果たしている。今年の日本選手権大会は8月26日に東京で行われ、小学2年のななちゃんこと小山那奈さん(兵庫・稲美町立天満小学校)が優勝。年齢制限のため、世界選手権は沼尻氏が日本代表となった。

世界選手権は『ラミィキューブ』発祥の地であるエルサレムで行われ、40カ国以上の代表が参加。予選2位で通過した沼尻氏がイスラエル、フランス、ポーランド代表を下し優勝を獲得した。賞金は6,607ドル(約75万円)と、副賞としてデンマーク旅行が授与された。

沼尻氏は「ななちゃんの為にも優勝しなければならなかったので優勝できてよかったです」とコメントしている。

yurugame.jpgドロッセルマイヤーズは11月24日、ゲームマーケット2018秋より、日常にゆるっと入り込む新シリーズ「ゆるゲー」の第1作『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』と、第2作『ドロッセルマイヤーさんのなぞなぞ気分』を発売する。ゲームデザイン・渡辺範明&大山功一、アートディレクション・宇佐美詠子、グラフィックデザイン・タンサン株式会社、イラストレーション・U井、4~6人用、8歳以上、20~30分、両方セットで2500円(税込)。

「ゆるゲー」とは誰もがゆるくマイペースに遊べ、会話やコミュニケーションの呼び水になり、上手に場の脇役になれるゲーム。競技的な厳密さよりも、遊ぶ人が自由にアレンジできる適当さを重視し、ゲームと非ゲームの境界線にあるような挑戦的なシリーズにしたいという。

第1作『ドロッセルマイヤーさんの法廷気分』は、推理と直感のお手軽裁判ゲーム。被告役のプレイヤーが「私の一番好きな昆虫はクワガタです」「高校時代に3人から告白されました」といった証言に、裁判長がウソか本当かを判定する。検察官は裁判長がウソというように、弁護士は本当というように、誘導尋問したり、屁理屈を展開したりして議論を誘導する。推理というよりも空転する議論や会話そのものを楽しむゲームだ。木製のミニハンマー、サンプル証言カード入り。

第2作『ドロッセルマイヤーさんのなぞなぞ気分』は、ランダム生成なぞなぞゲーム。上の句と下の句をランダムに組み合わせることで「みんなが欲しがる / 丸いもの、な~んだ?」「鉄でできている / 弱点って、な~んだ?」など、無数のなぞなぞが自動生成で出題される。それにプレイヤー達が口々に回答し、出題者が自分の好みで正解を決定する。いつでもどこでも遊べるよう、ミニ書籍の形になっている。

ゲームマーケットでの販売はグーニーカフェのブース(C25-26)にて土曜のみ。通販及び会場受け取り予約は、ドロッセルマイヤーズのウェブサイトにて。

ドロッセルマイヤーズの新作は『HYKE』以来6年ぶり。

downforcedcJ.jpgホビージャパンは11月下旬、クラマーのレースゲームの拡張セット『ダウンフォース:デンジャー・サーキット(Downforce: Danger Circuit)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ダヴィオー、Jr.ハニーカット、J.D.ジェイコブソン、イラスト・T.コバーン、2~6人用、8歳以上、20~40分、2000円(税別)。プレイするためには『ダウンフォース』基本セットが必要。

今年8月に日本語版が発売されたレースゲームに早くも拡張セットが登場。追加コースとして交差ループと分割セクションが特徴の難コース「クロスタウン・スピードウェイ」と、ひび割れた路面や落石が転がる「スイッチバック峠」が入っている。

また、新たなパワーカードとして、ガードレールの横で移動を終えれば追加で2マス進める「タフ」、1~2マスしか移動できないときに3マス進める「ボールド」、どの車も移動できないときに3マス進める「ディフェンシブ」、隣接する車をすり抜けて斜め移動できたときに追加で2マス進める「レックレス」、自分の前の車が移動したときに後を追える「エクスペリエンスド」、ベットラインを通過したら追加で2マス進める「アンビシャス」が入り、ドライバーの性格やテクニックを左右する。これらのパワーカードは基本セットにも導入可能。

経験者同士ででよりテクニカルにプレイするもよし、新しいパワーカードで駆け引きを楽しむもよし、楽しみ方の幅が広がる拡張セットだ。

内容物 ゲームボード(両面印刷)1枚(クロスタウン・スピードウェイ/スイッチバック峠)、能力カード 6枚、ルールシート


日本を題材とした映像をYoutubeで配信しているアルシペルは9日、日本のボードゲームシーンをテーマとした新シリーズ「ヒデンゲン」を開始した。グラフィック&ゲームデザイナーのYACOYON氏が案内人となって、日本のアナログゲーム業界の人物を紹介していく。

第1回はボードゲームカフェ。東京・神保町のAsobiカフェと全国に10店舗を展開するJELLY JELLY CAFEの様子や、オーナーのだてあずみ。氏、白坂翔氏のインタビューが収録されている。それぞれがボードゲームを始めたきっかけや、カフェでどんなボードゲームが遊ばれているかを詳しくリポートする。

日英対応で、海外にも日本のボードゲームシーンの今が伝わる内容。映像も美しく、次回作に期待が高まる。

scythefenrisJ.jpgアークライトは12月6日、重量級ボードゲームの拡張セット『サイズ -大鎌戦役-:フェンリス襲来(Scythe: The Rise of Fenris)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・J.ステグマイアー、1~7人用、14歳以上、115分、6300円(税別)。

『彼方よりの侵攻』『風に舞う策謀』に続く拡張セット第3弾。オリジナルの発売元ストーンマイアーゲームズでは拡張3部作の最終作品に位置づけている。「キャンペーンゲーム」と「拡張モジュールセット」でゲームを拡張する。

「キャンペーンゲーム」では、大鎌戦役のストーリーが8エピソードに分かれ、継続してプレイしていく。ネタバレ禁止の意外な展開やアンロック要素が含まれているが、いわゆるレガシーシステムではなく、繰り返し何度もプレイできる。

「拡張モジュールセット」では新しい拡張モジュールが11も入っており、好きなように組み合わせてゲームに加える。各モジュールはこれまでの拡張セットと互換性があり、また、協力型ゲームとしてプレイすることも可能だ。

エピソードもモジュールも小分けになっており、遊ぶまで内容が分からない。どんなサプライズが待っているか、この目で確かめよう。

内容物:ルール説明書1冊、プラスチック製のコマ13個、木製のトークン類62個、特製ダイス2個、紙製のタイル/トークン類125枚以上

バルパライソ(Valparaíso)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

新しいカードで成長する楽しさ

valparaiso.jpg

チリの港町を舞台に、内陸の村と海外の間を行き来して物資を交換し、勝利点を競うゲーム。アクションカードをプロットしていくシステムだが、ゲーム中にアクションカードがアップグレードされ、できることが増える楽しみを味わえる作品だ。デザイナーは『ロココの仕立て屋』(M.クラマーとの共作)や『江戸』のマルツ親子。お父さんのシュテファンは68年生まれ、息子のルイスは98年生まれである。

はじめは全員、同じアクションカード8枚をもっている。ここから使いたい順番に裏にして並べるのが計画フェイズ(上級者ルールでは長考防止策として砂時計が用いられる)。全員が並べ終わったら、スタートプレイヤーから1枚ずつ実行するのがアクションフェイズ。全員が使い終わったら次のラウンドとなり、勝利条件(誰かが規定点に達するか、カードの補充ができなくなるか)でゲーム終了となる。至ってシンプルなゲーム進行である。

アクションカードもそれほど複雑でなく、全てアイコン化されている。基本的な流れも、概ねこの順番になっているため説明しやすい。
1 品物の積み替え:倉庫にある商品を船に積み込む。または船から倉庫に移す。
2 商品の販売:自分の倉庫から商品を1個、10ペソで売却する。
3 商人の配置:商品を3つ支払って追加の商人を配置する。
4 商人の移動:商人を港から交易する村へ移動させる。
5 家の建設:10ペソを支払って商人がいる場所に家を建てる。家があると収入・通行料・追加交易がもたらされる。
6 村での交易:商人がいる市場の村で、商品やお金を受け取ったり、それらを勝利点に換えたりする。
7 船の移動:船を港から外海へ送る。または港に戻す。
8 海外交易:外海にいる船から商品を下ろし、成果カードを取る。

勝利点の取り方はポイントサラダというほど多くなく、村での交易か、成果カードがメイン。どの村に行けば得か(同じ村にほかのプレイヤーがいると場所代を支払わなければならない)、どの成果カードを取るかの選択に絞られている。

というのも、村の交易で何ができるかは市場タイルで決まり、誰かが交易するたびに新しい市場タイルと入れ替わるからだ。せっかく商品を揃えて勝利点に換えに行っても、先を越されたら別のことをしなければならなくなってしまう。ここに計画フェイズでのプロット順の重要性がある。

また、成果カードはそれ自体が勝利点になるだけでなく、アクションカードに加えて計画フェイズで使えるようになる。基本アクションが1ラウンドに2回できるようになったり、同じアクションなのにコストが下がったり収入が上がったりする嬉しいカードばかり。しかも後半になるほど強力な成果カードが登場する。これでプレイヤーの方針が少しずつ変わっていくのが面白い。

4人プレイ・砂時計なしルールで90分。商品を15ペソで売れる成果カードを手に入れ、お金の心配なくゲームを進められた。終盤には10ペソを1勝利点にできる成果カードも手に入って勝利。その分、村での交易は出遅れ、通行料を支払って同じ村で交易し続けることになったため選択肢がなかったが、ほかのプレイヤーがお金プレイをしなかったので競合が少なかったようだ。

Valparaíso
ゲームデザイン・S.マルツ&L.マルツ/イラスト・M.メンツェル
dlpゲームズ(2018年)
2~5人用/12歳以上/45~90分
ゲームストア・バネスト:バルパライソ

forumtrajanumJ.jpgホビージャパンは12月上旬、シュテファン・フェルトがデザインした古代ローマの都市建設ゲーム『フォルム・トラヤヌム(Forum Trajanum)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・S.フェルト、イラスト・M.メンツェル、2~4人用、12歳以上、60~120分(30分×プレイ人数)。

フッフ社(ドイツ)が今秋発表したばかりの新作が早くも日本語版で登場。エッセン・シュピールの新作評価アンケート「スカウトアクション」では規定票数に届かなかったものの高い評価を得ている。

プレイヤーは帝国の一領主となり、トラヤヌス帝自身が設立した上級都市「コロニア」を統治している。都市を発展させ、ローマ帝国市場最大の版図を治めたトラヤヌス帝(53-117A.D.)の功績を讃える記念碑「フォルム・トラヤヌム」の建設に貢献すれば、ローマからの援助が受けられる。

各プレイヤーはプレイヤーボードをもち、ここに建物を建設していく。2枚のカードをめくり、自分の列からタイルを2枚取ってどちらかを選ぶ。もう1枚は右どなりのプレイヤーに渡し、もう1枚を左どなりのプレイヤーから受け取る。こうして受け取った2枚のタイルのどちらかを使い、資源を得る。それから順番に建設アクションを行う。建物は勝利点などの恩恵をもたらし、発展の速度を増していく。4周で得点計算を行い、3回得点計算を行って勝利点を競う。

計画的な都市づくりだけでなく、ほかのプレイヤーの状況にも注意を払わなければならない。フェルトならではの数多くのゲームメカニズムを取り入れたゲーマーズゲームだ。

内容物:ゲームボード1枚、モザイクボード5枚、円柱の断片3個、プレイヤーボード4枚、スライドバー4本、使者136枚、建設クレーン16枚、カード36枚、建物タイル104枚、建築士駒10個、労働者駒40個、助手駒10個、護民官駒12個、コイン20枚、フォルムマーカー12個、勝利点マーカー4個、スタートプレイヤーフィギュア1個

東京・神楽坂に11月4日、ボードゲーム&囲碁カフェ「RE:ALL(リオール)」がオープンした。地下鉄神楽坂駅/江戸川橋駅徒歩5分、平日18:00~23:00、土日祝13:00~23:30、木休。

日中・午前は囲碁カフェで、夕方・午後からボードゲームカフェに切り替わる。店名は「再び(RE)みんなで集まって(ALL)遊びましょう」「囲碁も含めてあらゆるゲーム(ALL)について(RE:)遊びましょう」という意味。「大人たちが肩の力を抜いて自然体で過ごせる空間の答えの一つがボードゲームcafé」と店主の米岡義剛氏。店内はボードゲームを敷き詰めた意匠壁と青を基調とした非日常的な空間となっており、日常のことを忘れてゲームを楽しめる。

34席で300種類のボードゲームが遊べる。料金は1時間500円+ワンドリンクで、相席が成立すると総額から割引となる。飲み物はソフトドリンク(コーヒー、ジンジャエール、コーラ、緑茶等)300円、アルコール(生ビール、ハイボール、ジントニック、ラムコーク等)500円。

RE:ALL
東京都新宿区天神町68-3橋本ビル2F/TEL:03-6265-3250
[Web ] [Twitter ]


arkhamnoir1J.jpgアークライトは12月6日、『アーカム・ノワール:事件簿1(Arkham Noir:Case#1 - The Witch Cult Murders)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・Y.トゥリングニー、イラスト・D.プリート&Y.トゥリングニー、1人用、14歳以上、30分、2000円(税別)。

クトゥルフ神話群を題材にした1人用カードゲーム。オリジナルはルドノヴァ社(スペイン)から昨年発売された。「魔女の家の夢」(1933)、「戸口にあらわれたもの」(1933)、「名状しがたいもの」(1925) の物語から引用されたストーリーで、私立探偵ハワード・ラブクラフトとなり、不可解な事件を調査しよう。

プレイヤーは私立探偵として、証拠カードの列を作り、次々と発生する事件を解決する。1つの事件を解決するたびにカード(パズルピース)が手に入り、5種類を集めたとき事件の全体像が明らかになる。狂気に陥ったり、時間切れになったりする前に、事件の解決を目指す。

ゲームの準備時に難易度変更が可能。また第2弾も英語版が発売されており、続編の日本語版も予定されている。

内容物:カード64枚(カードサイズ:57×89mm)、ルールシート1枚

arkhamnoir1J2.jpg

新紀元社は9日、過去1年間の注目ボードゲームを振り返るレビュー誌『ボードゲーム・ストリート2018』を発売する。安田均&グループSNE著、B5版84ページ、1800円(税別)。

アナログゲーム専門誌『Role&Roll』連載のボード/カードゲームコーナー「ボードゲーム・ジャンクション」からピックアップし、書下ろしを加えたもの。毎年発刊されており、8冊目を迎える。年鑑として1年間の流れをつかむことができ、資料的価値も高い。

安田氏による厳選された傑作の紹介、ボードゲームを遊んだ風景を記録するリプレイ、お手軽ゲームのレビューなどで今年1年間の新作を紹介。続々と誕生する日本人ゲームデザイナーの最新作や、アジアで開催されたイベントのレポート、オープン情報が途切れないボードゲームカフェ事情に座談会と、盛りだくさんの内容だ。国内外の動向をこれでチェックしておこう。

今回、ボードゲームポッドキャスト「ほらボド!」のmomi氏が、漫画コラムを寄稿している。

timestoriesbcJ.jpgホビージャパンは11月下旬、物語体験型冒険ゲーム『T.I.M.Eストーリーズ』の追加シナリオ『海の兄弟(T.I.M.E Stories: Brotherhood of the Coast)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・U.マエス、2~4人用、12歳以上、60~90分、3800円(税別)。プレイするためには『T.I.M.Eストーリーズ』が必要。

シリーズ7作目で、日本語版発売済みの『サント・トマス・デ・アキノ』に続くシナリオ。前作のプレイは必須ではないが、伏線が回収されるなどより楽しめるようになっている。

舞台は西暦1685年のカリブ海。T.I.M.Eのエージェントとしてスペイン船から解放された海賊となり、「器」であるコクソン四兄弟を殺害し、先に送り込まれたエージェントを帰還させることを目指す。

『T.I.M.Eストーリーズ』シリーズの日本語版は基本セットのほか、『マーシー事件』『龍の預言』『仮面の下』『エンデュアランス号の航海』『エストレラ・ドライブ』『サント・トマス・デ・アキノ』でこれで8タイトル目。

ホビージャパン:T.I.M.Eストーリーズ

ベルラッティ(Belratti)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

心の中で叫ぶ「ちげーよ!」

belratti.jpg

美術館員が画家に発注した絵を、贋作家のベルラッティが適当に混ぜ込んだ中から見つけ出す協力ゲーム。今年のエッセン・シュピールで行われたスカウトアクションでノーマークから1位になり、「フェアプレイのサプライズ」と呼ばれている作品である。

出展3年目となるモーゲル出版(ドイツ)は今回、ガレリアという半屋外の通路にブースを構えていたが、ホール内よりも明らかに人通りが多く、息抜きに遊んでいった人が多かったのかもしれない。内容的には今年のヒッポダイス・ゲームデザイナーコンテストで1位という折り紙付きで、後はマイナーな出版社がどれくらい遊んでもらえるかが勝負だった。

ベルラッティ役のプレイヤーはおらず、プレイヤーは美術館員役か画家役を交替で行う。まずカード2枚をめくって今回のお題が発表される。それを見て美術館員役が何枚発注するかを相談。このとき、お題の内容について語ってはならず、難しそうか簡単そうかなどで枚数を決める。

これを承けて画家役は、お題に当てはまると思われる絵を手札から出す。このときもお題の内容について語ってはならず、どれくらいお題に合うかのみ。自信があるという人から出していく。そこに山札からカード4枚を混ぜ込み、表にして再び美術館役の出番。画家役が出したものか、山札から出た贋作かを相談して判別していく。

答え合わせでテーマまで合っていれば全員に1点、贋作を選んでしまったらベルラッティに1点が入る。6回ミスする(誤ってベルラッティの絵を選んでしまう)前に、どれくらい画家が描いた絵を選び出せるかで成績が決まる。

カードの絵はサッカーボール、羽根、テント、ハンマーなどで、お題の絵とどう関連付けるかはプレイヤーの恣意。画家役がどのような意図でどの絵を出したか、プレイヤーの性格も踏まえて考えなければならない。「これは形が似ているから選んだのか、それとも材質? もしかしたらダジャレかもしれない......」美術館役があれやこれや相談している間、画家役は一切表情にも出してはいけない。そんなとき心の中で叫ぶ「ちげーよ!」(涙)

1回目は13点ぐらいで失敗。2回目は少し慎重になって発注枚数を絞り込み、20点を達成。あれやこれや相談した末に、自分が意図した通りに絵を仕分けてもらえたときの嬉しさは本当に気持ちいい。失敗しても、なぜその絵を選んだのか聞き出すと、なるほどと思うことから「そんな分かるわけねー!」とツッコむことまでサプライズが待っている。言葉を超えた連想力が楽しめる作品だ。

Belratti
ゲームデザイン・M.ロート/イラスト・A.エールディヒ、M.パツコウスキ
モーゲル出版(2018年)
3~7人用/9歳以上/20~45分

chinanagokko.jpgアークライトは11月29日、スイッチゲームズのレーベルで『ちんあなごっこ』を発売する。ゲームデザイン&イラスト・海老めぐみ(ぺけ)、3~5人用、6歳以上、20分、2000円(税別)。

ちんあなごをいっぱい集め、ステキな水族館を作るカードゲーム。オリジナルは高天原がゲームマーケット2016神戸で発表したもので、ゲームマーケット大賞2016の優秀作品に選ばれている。

ウサギ、カッパ、カワウソの3つの列から、毎ラウンド1つを同時に選んでちんあなごを集めに行く。1人のプレイヤーが監視役となり、そのプレイヤーが決めた列では集めることができない。

ちんあなごを集めに行くことができたとしても、喜んではいられない。ちんあなごカードの中にはサメマークのついたものがあり、次に手に入れたちんあなごカードを食べてウンチにしてしまう。

監視役に見つからないように、かつサメカードを取らないようにしたいところだが、そこは皆も同じ考え。至ってシンプルなルールながら、読み合いが楽しめる。遊び心あふれるイラストもリニューアルされて楽しさ倍増の作品だ。

内容物:ちんあなごカード36枚、ハンターカード15枚(カードサイズ:63mm×88mm)、お宝カード30枚、カンチョーカード27枚(カードサイズ:44mm×63mm)、監視船コマ1個、海ボード3枚、遊び方説明書1枚

chinanagokko2.jpg

ボドゲde遊ぶよ!! phase 12-5

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

スロウカーブは11月26日、TVアニメをテーマにしたカードゲーム『ゆるキャン△~思い出あつめ~』を発売する。1~4人用、10歳以上、10分、2000円(税別)。また同日、ワンナイト人狼とのコラボ作品『ワンナイト人狼×ゆるキャン△~夜中にカレーをこぼした犯人は誰だ!?~』も発売する。3~7人用、10歳以上、10分、2000円(税別)。いずれも11月24日、25日のゲームマーケット2018秋でスロウカーブのブース(A20)から先行販売される。

yurucam2.jpg芳文社「まんがタイムきららフォワード」で連載され、TVアニメでも続編の制作が決定されるなど人気のコミック『ゆるキャン△』のカードゲーム第2弾。今春に発売された『ゆるキャン△~どこでもテント張り~!』に続き、アニメの思い出を振り返る。手番には山札からキャラクターカードを1~3枚めくり、それらを組み合わせてエピソードカードを手に入れる。キャラクターには特殊能力があるが、同じキャラクターをめくってしまうとバーストしてしまうのでめくる枚数に注意しなければならない。エピソードカードのポイントで勝負。

内容物:キャラクターカード7種40枚(各務原なでしこ、志摩リン、犬山あおい、大垣千明、斉藤恵那、ちくわ、鳥羽美波)、エピソードカード17種17枚、ルール1枚

yuruonenight.jpg『ワンナイト人狼×ゆるキャン△』は、キャラクターたちが泊まりでキャンプをした際に、朝ご飯のために作ったカレーの鍋が何者かによって皆が寝ている夜中に倒され、カレーをこぼした犯人を捜すゲーム。キャラクターはピクセル画になっており、また『ワンナイト人狼』にはないオリジナルの役職が加えられている。

内容物:犯人2枚(各務原なでしこ/ちくわ)、飼い主1枚(斉藤恵那)、爆睡部員2枚(犬山あおい/大垣千明)、目撃者1枚(志摩リン)、身代わり1枚(各務原桜)、酔っ払い1枚(鳥羽美波)、ルール1枚

JELLY JELLY CAFE 新宿店、11月3日オープン

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

東京・新宿に3日、JELLY JELLY CAFE(ジェリージェリーカフェ)新宿店がオープンする。京王新宿駅徒歩1分、13:00~23:00、不定休。

記念すべき10店舗目となるジェリージェリーカフェは渋谷、池袋、下北沢、福岡天神、水道橋、横浜、立川、名古屋大須、池袋2号に続き、今までなかったのが不思議な新宿に登場する。

料金体系は他店と共通で、アルコールドリンク500円、ソフトドリンク300円均一でいろいろな飲み物を飲みながら、300種類以上のボードゲームを自由に遊ぶことができる。食べ物の持込み・途中入退店は自由。利用料金は平日デイタイム1500円、土日デイタイム2000円、ナイトタイム(18:00~)は平日土日ともに1500円。いずれもワンドリンク付き。この料金で最大5時間まで遊べる。ウェブ予約も可能。

ジェリージェリーカフェは11月16日に大阪・心斎橋の古着屋「スピンズアメリカ村店」でも1日限りながら「出張JELLY JELLY CAFE in 大阪」を開く予定で、都内以外にもまだまだ広がりそうな勢いだ。

JELLY JELLY CAFE 新宿店
渋谷区代々木2-15-9 加瀬ビル302/TEL:03-6276-8835
[Web ] [Twitter ]

アンケート:エッセン新作チェック状況

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Q136:エッセン・シュピールの新作、どれくらいチェックしてる?

A.海外サイトまで 29票(25%)
B.国内サイトだけ 50票(43%)
C.あまりしてない 38票(32%)

毎年10月に行われる世界最大のボードゲームメッセ「シュピール」。今年は1400タイトルの新作が発表されています。情報を集めるのも年々大変になっていますが、どこまでチェックしているか、お尋ねしました。

結果、BGGなど海外サイトまでチェックしているという方は4分の1にとどまり、国内サイトだけという方が4割と最多でした。国内サイトで新作をプレビューしているところはあまり多くないので一通り見ることができ、日本市場から見てどれがホットなのか絞り込めるというメリットがあります。

あまりしてないという方には、「国内流通前の(ショップ和訳が付かない)海外ゲームは基本買わないのでエッセン発表の段階ではあまり意識してチェックしません。国内流通がはじまってから当時の記事に当たることはあります。」(nagaさん)、「国内で販売開始というアナウンスをなんとなく見るくらいにしています。あまり一生懸命に情報収集するとあれもこれも欲しくなるし......」(うどんまるさん)というように、これから調べることも多そうです。

当サイトでは毎年新作のプレビューを出版社別に行っていますが、数の多さに加えて、日本語版がすでに発売されているなど、ニュースバリューが低くなっていると感じます。何をピックアップするかという選別が、購入と同じく重要になってきていると思います。

今月は当サイトへのアクセス方法です。数日前から実験的に、新しく記事をあげたときにツイートでお知らせしています。ツイートしない場合と比べて、アクセスがやや多いようです。みなさんはツイッターからやってきますか? それともブックマークして直接アクセスしていますか? あるいは検索サイトから? ほかにもリンク集やRSSのアンテナなどもあると思いますが、3つの中で最も多いものをお答えください。

カワダは11月2日、テレビ東京の人気番組『YOUは何しに日本へ?』(毎週月曜夕方放送中)をテーマにしたすごろく形式のボードゲーム『YOUに密着!撮れ高バトルゲーム』をする。2~4人用、6歳以上、3200円(税別)。テレ東本舗。(東京駅一番街 キャラクターストリート店)でも取り扱われる。

プレイヤーは番組ディレクターとなり、ルーレットで指示された日本各地の空港で居合わせたYOU(外国人)を密着取材。一緒に日本全国をかけめぐって「撮れ高」を集め、No.1ディレクターを目指す。取材中にはさまざまなイベントやハプニングが起こり「撮れ高」が増減する。先に「撮れ高」が100ptになったプレイヤーが勝利する。

ボードは日本地図になっており、YOUカードには到着空港と目的地が指示されている。番組の世界観が味わえる作品だ。

テレ東本舗。:YOUは何しに日本へ? YOUに密着!撮れ高バトルゲーム

risingsunJ.jpgアークライトは11月29日、『ライジングサン(Rising Sun)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・E.M.ラング、イラスト・A.スミス、3~5人用、14歳以上、90~120分、12800円(税別)。

『ブラッドレイジ』や『クォーリアーズ!』などで知られるカナダのデザイナー、E.M.ラング氏の作品で、今年CMON社(シンガポール)から発売された。ドイツ年間ゲーム大賞推薦リスト、国際ゲーマーズ賞ノミネートの『ブラッドレイジ』が『リスク』系統だとすれば、この作品は『ディプロマシー』系統であるという。

舞台は幻想の戦国日本。プレイヤーは、偉大なる神々によって集められた氏族を操り、この島国を統一し、いにしえの道へと戻すことを目指す。一年を戦い、雪がこの地を覆うとき、どの氏族が日出処(ライジングサン)の支配者に選ばれるだろうか?

各氏族には固有の力があり、それを活かして勢力を地方へと広げ、城を築き、土地を耕して収穫し、戦を仕掛ける。徳を積み、幻想的な妖(あやかし)を使って氏族を強化することもできる。神々への奉納は強力な御利益をもたらすだろう。一番の鍵となるのは他の氏族との同盟で、交渉力が試される。裏切りにも注意しなければならない。

精巧なミニチュアコマが入り、戦の雰囲気を盛り上げる。

内容物:ミニチュアコマ(プラスチック製)58体、ミニチュア用カラーベース40個、銭(プラスチック製)65枚、氏族マーカー(プラスチック製)10個、カード (カードサイズ57×88mm)66枚、ゲーム盤1枚、トークン99個、氏族ついたて5枚、ルールブック1冊

risingsunJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください