石を移してなくそう『マンカラ・カラハ』11月23日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

幻冬舎は11月23日、木製アブストラクトゲーム『マンカラ・カラハ』を発売した。監修・日本レクリエーション協会、2人用、8歳以上、10~15分、2200円(税別)。

紀元前発祥で、アフリカから中近東・東南アジアにかけて遊ばれてきた伝統ゲーム『マンカラ』(別名『カラハ』)の普及版。ポケットをひとつ選び、そこに入っている石をとなりのポケットから1個ずつ移していって、自分の陣地の石を全てなくすことを目指す。S.フェルトの『トラヤヌス』(2011年)ではこのシステムが用いられている。

簡単なルールながら運の要素はなく、先の先を読むガチプレイで楽しむもよし、カラフルなコマを愛でつつ気軽にフィーリングで遊んでもよし。遊び方ガイドには「マンカラ・ベーシック」を含む4種類の遊び方が掲載されており、変化もつけられる。ゴムバンドで蓋をロックすれば持ち運びもしやすい。

幻冬舎は今秋から『タギロン』『ラブレター』『はぁって言うゲーム』とボードゲームを立て続けにリリースしており、書店でも取り扱われるので、一般層への拡大が見込まれる。

内容物:ボード1台(ゴムバンド付)、石50個(予備2個含む)、遊び方ガイド1冊


リンクフリー このバナーをお使いください