蛮族たちから帝国を守れ!『パンデミック:ローマの落日』日本語版、12月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

pandemicfrJ.jpgホビージャパンは12月中旬、協力ゲーム『パンデミック:ローマの落日(Pandemic: Fall of Rome)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.リーコック&P.モリ、イラスト・A.カナーニ&O.ローソン&A.マイネズ、1~5人用、8歳以上、45~60分、5000円(税別)。拡張セットではなく、単品でプレイ可能。また限定生産で再版はされない予定。

『パンデミック:イベリア』『パンデミック:ライジングタイド』に続く歴史テーマシリーズ第3弾。古代ローマ帝国が舞台で、5世紀初頭から数十年に及ぶ政治的腐敗、経済的危機、軍隊の疲弊、好戦的な蛮族の襲撃から帝国を救う。デザインには『パンデミック』の作者であるリーコックと、『アウグストゥス』や『ヴァスコ・ダ・ガマ』など歴史もので定評があるイタリア人デザイナーのモリがあたった。

各プレイヤーは執政官、商人、女祭司など特殊能力を持つ役割になり、帝国が制圧される前に5つの蛮族―アングロ=サクソン、フランク、ヴァンダル、西ゴート、東ゴート―と同盟するか、またはそれらの蛮族を殲滅することを目指す。その前にローマなどの都市が略奪されるか、いずれかの蛮族がローマの領土を蹂躙するか、帝国の資源が尽きた場合、全員の敗北となる。

難易度レベル調整や、上級者向け選択ルール「ローマは世界の首都なり」、ソリティアルールも用意。おなじみの連鎖反応システムに新しいシステムを加えた作品だ。

内容物:ゲームボード1枚、戦闘ダイス3個、役割カード7枚と  プレイヤーコマ7個、プレイヤーカード70枚、参照カード7枚、蛮族カード49枚、蛮族コマ100個、軍団コマ16個、砦コマ6個、同盟マーカー5個、侵略頻度マーカー1枚、衰退マーカー1枚 ほか

リンクフリー このバナーをお使いください