小学館『小学8年生』12月号でボードゲーム特集

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

11月15日発行の月刊誌『小学8年生』12月号で、「ハマる! パズル&ボードゲームワールド」という特集が組まれ、国内外のボードゲームが数多く紹介された。付録には立体四目並べのほか15のゲームが遊べる『ゲームボール64』が付いている。980円(税込)。

『小学8年生』は小学館が刊行する全学年向けの学年誌で、「8」の字がデジタル風に白抜きになっており、塗りつぶすことでどの数字も表示できることを表している。

特集は将棋、チェス、バックギャモン、マンカラなどの伝統ゲームから始まり、「世界の注目ゲーム」を国別に紹介するという本格的な内容。ドイツでは『カタン』『ラビリンス・ジャパン』『ウボンゴ』、フランスで『ブロックス』『コリドール』、ロシアで『ナンジャモンジャ』が紹介されている。下の欄には紹介されたゲームを使ったクイズが掲載されており、ゲームの楽しさを体験できるようになっている。日本のゲームは2人用アブストラクト『NOCCA×NOCCA(ノッカノッカ)』。

今年日本一決定戦が行われた『人生ゲーム』特集からは『オセロ』『野球盤』『ダイヤモンドゲーム』『ドンジャラ』などの定番ゲームが続き、発売されたばかりの『ドラえもん立体地球大探検ゲーム』を詳しく紹介。人生ゲームの歴史や全種類カタログ、杉浦淳吉・慶大教授による知育効果の解説まである。

特集13ページと綴じ込み見開き2枚の充実した特集で、小学生だけでなく大人も楽しめそうだ。

小学館:付録「GAME BALL 64」で頭脳ゲームにチャレンジ!『小学8年生』冬号

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください