巨大ロボット対戦『エムブリオマシン ボードゲーム』12月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNE/cosaicは12月中旬、巨大ロボット対戦ゲーム『エムブリオマシン ボードゲーム』を発売する。ゲームデザイン・志柿俊光&秋口ぎぐる、アートワーク・DE・RI、2~6人用、12歳以上、30~90分(人数×15分)、3700円(税別)。

embryomachine.jpg

グループSNE・秋口ぎぐる氏によるTRPGの世界観に基づくボードゲーム。中世ヨーロッパ風の架空世界を舞台に、巨大ロボット「エンブリオマシン」を使って世界を生き抜く。

四角形マスのマップボードにジョイントパーツを組み合わせて戦場をつくり、各自機体を選んで戦いに臨む。白兵戦に強いスピードタイプ、機雷をばらまくトリッキータイプなど、個性豊かな機体が登場。さらにさまざまな武装ができ、機体サイズ、装甲重量、武装の組み合わせが楽しめる。

戦闘では全てのプレイヤーが2つのアクションをあらかじめ決定しておき、一斉にオープンして解決するところがポイントで、プレイ中は常に対戦相手の思考を読むことが求められる。敵は接近し、パイルバンカーを繰りだしてくるのか、スパイクを構えて突撃を仕掛けてくるのか、それとも建物の陰に身を隠し、ミサイルで遠距離射撃を試みてくるのか? あらゆる可能性を考慮し、相手の裏の裏をかいて、勝利の栄光をつかもう。

武装カードは全てイラストが入り。また「エンブリオマシン」のイラストもカッコよく、「ロボット好きが徹夜でハマれる」作品だ。

内容物:両面マップ2枚+マップチット大1枚、小2枚、カードスタンド6個、サンプル機体シート9枚(両面)、機体デッキ9組(カード17~24枚、計189枚)、追加武装カード50枚、機体コマ9個、コマスタンド9個、陸上機雷トークン20枚、強化機雷トークン20枚、ダミートークン40枚、「キャンセル」チット4枚、「1」チット2枚、「/2」チット6枚、「+6」チット6枚、チームチット8枚、チームマーカー8枚、ラウンド表示ディスク1枚

リンクフリー このバナーをお使いください