Heat文字クライシス(Heat Letter Crisis)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

肝心なところがない漢字

チップを並べて漢字を作り、当ててもらうゲーム。チップの中に「熱中症で倒れた児童」が入っており、作成した後にその分はなくなってしまう。結構な数が抜けた後でも当ててもらうことはできるのか?

出題者と監視者以外には後ろを向いてもらい、今回の漢字を決めてチップで作成開始。使わなかったチップが出題者の得点になるため、できるだけ少ないチップで当ててもらいたいところだ。

漢字の作成が終わったら、チップを裏返すと、40%の確率でシールが貼ってあり、そのチップは取り除かなければならない。取り除いた上で、回答者は元の位置に戻って回答する。回答権は1度だけ。当たれば出題者と当たった人が得点、全員外れたら監視者が得点する。

下の写真のような状態から、どんな漢字だったか分かるだろうか? 左右でへんとつくりに分かれているように見えたが、そうではなかった。正解は写真にマウスを合わせると見ることができる。

Heat文字クライシス
北条投了/芸無工房(2018年)
3~8人用/30分

Heat文字クライシス

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください