負けたらカエルだぞ!『ルーザー』日本語版、1月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月下旬、みんなの数字を推理して敗者になることを回避するカードゲーム『ルーザー(Loser)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.カタラ&V.デュトレ、イラスト・A.ペトルク、3~6人用、8歳以上、15分、1500円(税別)。

ライフスタイル・ボードゲーム(ロシア)から今年リリースされたカードゲーム。ゲームデザインは『キングドミノ』のブルーノ・カタラが担当した。推理力とカードの特殊能力とブラフで、たったひとりの敗者になることを回避する。

全体には1~19のカードがあり、『ドメモ』のように各プレイヤーに配って場に一部だけ表にしておく。手番には、手札から1枚ずつ、赤いカードは表に、青いカードは裏にして出す。こうして全員の手札が1枚だけになったら投票。自分のカードが一番数字が大きいと思う人は親指を上に、そうでないと思う人は親指を下にする。そしてカードをオープン。自分のカードの強さを見誤ってしまった人が敗者となる。

敗者となったプレイヤーは、プレイヤーカードの半分をカエルの面にし、2度敗者になって全身がカエルになったプレイヤーがこのゲームの「ルーザー」となる。

場札やほかのプレイヤーの手札と交換したり、ほかのプレイヤーの手札を見たりできる場札のアクションカード、誰かに強制的に親指を下にさせたり、特定のカードの数値が2倍になったり、手番順がリバースしたりする手札の特殊能力カードがあって、推理を混乱させる。

はたして残った手札は、ほかのプレイヤーと比べて大きいのか、小さいのか? スリリングな展開が楽しめるカードゲームだ。

内容物 プレイカード19枚、アクションカード2枚、特殊能力カード23枚、キャラクターカード6組、ルールシート


(写真は英語版)

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください