日経プラス1でボードゲームランキング再び

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

今朝の日本経済新聞「日経プラス1」の何でもランキングコーナーに、テーブルゲームランキングが掲載された。ボードゲームが取り上げられるのは2012年以来6年ぶり。東日本大震災後の節電ブームから再び、マスコミでボードゲームが頻繁に取り上げられるようになっている。

選者はボードゲーム専門店の店長、大手通販・玩具店の担当者、ボードゲームカフェバーのオーナーなど14名。前回は子ども向けと大人向けに分け、それぞれ『ドブル』と『ラミィキューブ』が1位となっていたが、今回は主にカードを使う「カードゲーム」と、主に盤やコマを使う「ボードゲーム」に分けて、「初心者でもルールが分かりやすい」「場が盛り上がる」という観点で投票・集計した。

結果、「カードゲーム」で1位となったのは『ナンジャモンジャ』、「ボードゲーム」で1位になったのは『ブロックス』。前回のランキングからは唯一、『ガイスター』がランクインした。予定調和的にバラエティ豊かな作品が並ぶ。

各ゲーム紹介では選者の短評が入っている他、記事の中では東日本大震災の後、SNSや動画などデジタルツールの浸透により裾野が広がっていると分析。先週末に行われたゲームマーケット2018秋や、エッセン・シュピールといった愛好者イベントも紹介されている。

6年前のボードゲームランキング記事がきっかけでボードゲームが趣味になったという人も聞く。今回のランキング記事もまた、大きい写真でコンポーネントの魅力が伝えられており、新しい愛好者が生まれそうだ。

【NIKKEIプラス1 何でもランキング】
ボードゲーム
1位:ブロックス(3024円/マテル・インターナショナル)
2位:テレストレーション(4860円/テンデイズゲームズ)
3位:クアルト(6480円/キャストジャパン)
4位:ガイスター(2800円/メビウスゲームズ)
5位:ブラフ(4536円/アークライト)

ボードゲーム
1位:ナンジャモンジャ(1400円/すごろくや)
2位:ハゲタカのえじき(1500円/メビウスゲームズ)
3位:キャプテンリノ(1728円/すごろくや)
4位:ドブル(1944円/ホビージャパン)
5位:インカの黄金(3024円/アークライト)

リンクフリー このバナーをお使いください