イラストで行き先を伝える『シャドウズ-アムステルダム』日本語版、1月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは1月中旬、行き先をイラストで伝えるリアルタイムゲーム『シャドウズ-アムステルダム(Shadows: Amsterdam)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・M.オーベール、イラスト・M81スタジオ、2~8人用、10歳以上、30分、3600円(税別)。

『ディクシット』のリベルー社(フランス)が今秋のエッセン・シュピールで発表した作品。2つの探偵社に分かれて絵で伝えるコミュニケーションゲームだ。『ディクシット』『ミステリウム』『コードネーム』の系統に連なるが、同時アクションでスピードも求められる。

ヘックスタイルで構成されたゲームボードが舞台。プレイヤーは2人以上の2チームに分かれ、それぞれチーム内で諜報員と探偵の役割を決める。諜報員はついたての裏に自分だけ見える地図をもっており、それに基づいて探偵にイラストカードでヒントを与え、コマを目的地点へ誘導する。地図上の赤いポイントに入らないようにして、3つの手がかりを集め、緑のポイントを目指す。

ヘックスタイルにはそれぞれさまざまなイラストが描かれており、諜報員が出したイラストカードとイメージでつながるところにコマを進める。そのイメージを共有できるかが勝利の鍵だ。ゲームは2ラウンド先取したチームが勝利する。同時アクションによってプレイ時間も短縮されている。また、1チームで得点にチャレンジする2~3人用のバリアントもある。

内容物 ルールブック1冊、区画タイル7枚(両面仕様)、出発地点タイル1枚、障害物タイル3枚、情報カード84枚、手がかりトークン6枚+土台、警察トラック2枚、警察トークン5枚、ついたて2枚、マップカード40枚、マーカー2枚、探偵フィギュア2体

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください