敵を倒してデッキ構築『死盤遊戯』12月上旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

グループSNE/cosaicは12月上旬、デッキ構築カードゲーム『死盤遊戯』を発売する。ゲームデザイン・神田恒太郎、イラスト・菅野博之&そうじろう、2~4人用、10歳以上、45分、2500円(税別)。ゲームマーケット2018秋で先行販売済み。

shibanyuugi.jpg

昨年暮れに発表された第3回グループSNE公募ゲームコンテスト入選(1位)作品。第1回の『ギャンブラー×ギャンブル!』と『ソラシノビ』、第2回の『ドワスレ』に続く製品化となる。作者は円卓Pこと神田恒太郎氏で、昨年ニューゲームズオーダーから『六次化農村』をリリースしている。

プレイヤーは新進気鋭の格闘家となって、数多の格闘家がしのぎを削る塔に挑戦し、頂上で待ち受けるボスを倒して、最強の格闘家として名声を得ることを目指す。

はじめは非力だが、ライバルの格闘家と戦うことで経験を積んで新しい技を獲得していく。こうして獲得した技は自身のカードデッキに入り、組み合わせてコンボを決めることもできる。死が待つ塔を制するのは誰の拳か?

ブルース・リーを彷彿とさせるイラストで雰囲気満点の作品、いよいよ登場だ。アチョー!!

リンクフリー このバナーをお使いください