今度はミープル付き!『インカの黄金』日本語版改版

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは3月7日、『インカの黄金(Incan Gold)』(2018年版)の日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.R.ムーン&B.フェデュッティ、3~8人用、8歳以上、20~40分、3200円(税別)。

古代インカ帝国の神殿遺跡で、1枚カードをめくるたびに先に進むか引き返すかを各プレイヤーが選択し、できるだけ多くの宝を無事に持ち帰るゲーム。何人でも盛り上がれる定番ゲームとしてすっかり定着しているが、このたび版元のイーグルグリフォンゲームズより改版されることになった。

今度の版ではリメイク元の『ダイヤモンド』(2005年)と同様、進むか戻るかを手のひらに探検者コマ(ミープル)を握って決める方式に変更。従来のカードを出す方式からより分かりやすく、かつ気合と祈りを込めてプレイできる。

内容物:ルール説明書1枚、神殿カード5枚、探検家コマ8個、テント8枚、探検カード30枚、遺物カード5枚、宝石110個(カードサイズ:63×89mm)

incangold2018J2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください