『マンション・オブ・マッドネス:ストリート・オブ・アーカム』日本語版、2月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月28日、クトゥルフ神話をテーマとしたボードゲームの拡張セット『マンション・オブ・マッドネス第2版 拡張:ストリート・オブ・アーカム(Mansions of Madness: Second Edition - Streets of Arkham』日本語版を発売する。ゲームデザイン・K.センテル・ダンク、G.ホールディングハウス、T.フェンチ、1~5人用、14歳以上、120~180分、6500円(税別)。プレイするためには『マンション・オブ・マッドネス』(第2版)が必要。

無料のアプリがシナリオを進行するボードゲーム。『境界を越えて』に続く第2版の拡張セット第2弾で、オリジナルは一昨年にファンタジーフライト(アメリカ)から発売された。アプリで動くシナリオ3本のシナリオや新たな神話カード、デジタルパズル、霊薬カードやレベルアップトークンなどの新ギミック、新しいマップタイル、モンスター、探索者などを追加する。

新シナリオではそれぞれ、星の向こうからの来訪者、人智を越えた力、凶暴な犯罪が探索者の気骨を試す。超古代から現代に続く悪に、探索者たちは全力で挑まなければならない。現実を捻じ曲げる呪文や、強力なアイテム、奇妙な霊薬を駆使してアーカムの街を守ろう。

内容物:探索者カード4枚、探索者カードに対応するコマ4個、モンスタートークン7個、モンスタートークンに対応するコマ7個、マップタイル17枚、一般アイテムカード11枚、特殊アイテムカード9枚、呪文カード15枚、状態カード8枚、ダメージカード5枚、恐怖カード5枚、霊薬カード6枚、レベルアップトークン30個、NPCトークン12個、他トークン4個、ルールブック1冊(※カードサイズ69×119mm、40×62mm)

momexp2J2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください