黄金虫を囲んで集めるタイル配置ゲーム『スカラビア』日本語版、2月7日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは2月7日、『スカラビア(Scarabya)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・B.カタラ&L.モーブロン、イラスト・S.オーブリン、1~4人用、8歳以上、15~20分、4000円(税別)。

ブルーオレンジゲームズ(フランス)が昨夏発表したタイル配置ゲーム。デザイナーはモーブロンと『キングドミノ』のカタラで、共作では『ミスタージャック』『ポケット・マッドネス』『ダイス・スター』などの作品がある。古代文明「スカラビア」の遺跡で発見された黄金虫をタイルで囲んで集める。

各自プレイヤーボードがあり、引いたカードで指示された形のテトリス型タイルをそこに配置する『テイクイットイージー』『カルバ』方式。プレイヤーボードに予め印刷されたスカラベを、4マス以下のエリアで囲むことで得点になる。4マスちょうどで囲んだ場合が最も得点が高く、小さいエリアになるほど低い。

タイルは隣接しておいていかなければならず、またところどころにある岩石には置けないため、あちら立てればこちら立たずのパズル思考が求められる。さらに共通のボードを使う2人用特別ルールや、文明の末裔となってスカラベを隠して発掘調査を阻止する1人用ルール」も収録されており、少人数でも楽しめるようになっている。

内容物:キャンプタイル48枚(4色×12枚)、遺跡ボード16枚(4色×4枚)、発掘現場枠4枚、岩石コマ32個(4色×8個)、スカラベトークン72個(1点、2点、3点、4点各18個)、指示カード12枚(カードサイズ60mm×90mm)、ルール説明書:1冊

scarabyaJ.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください