フリーゼのFFシリーズ第1弾『緑の幽霊屋敷』日本語版、3月21日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは3月21日、カードゲーム『緑の幽霊屋敷(Fast Forward: FURCHT)』を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト、2~5人用、8歳以上、15分、1800円(税別)。

タイトルが"F"で全て始まることで知られるフリーゼ(2Fシュピーレ)が2017年に始めた「ファストフォワード(早送り)」シリーズの第1弾。ルールブックを読まずにゲームを始められ、前年に発表された『フルーツジュース』と同様、途中でセーブして続きが遊べる仕組み(「フェイブル・システム」)が採用されている。

幽霊屋敷の中で、たくさんの幽霊に追われるプレイヤーたち。ルールは山札からだんだんと出てきて明らかになっていく。

最初に分かるルールは、手札を1枚引くか、1枚プレイするか。やがて手札の上限は3枚で、先に場札を15以上にしたプレイヤーが負けというルールが加えられていく。これが山札から時々出てくるカードによって2枚プレイしなければならなかったり、0以下の数字が出せなくなったりする。山札の最後まで行ってゲームの全容が分かるには10~15ゲームのプレイが必要となるが、途中でセーブして再開することもできる。

シンプルでテンポの良いファミリーゲームだが、ルールがだんだん分かってくる中で、ハンドマネージメントの腕も問われる。また、作者が「繰り返し遊べるレガシーシステム」と呼んでいるように、最後まで遊んでもまた最初から楽しめるゲームだ。

内容物:特大カード90枚(※カードサイズ:70mm×110mm)、透明の仕分け袋1枚

fffurchtJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください