うっかり三目並べ『ゴブレットゴブラーズ』日本語版、2月22日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは2月22日、2人用アブストラクトゲーム『ゴブレットゴブラーズ(Gobblet Gobblers)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・D.ドヌアール、2人用、5歳以上、5分、2500円(税別)。

オリジナルはブルーオレンジゲームズ(フランス)が2000年に発売したアブストラクトゲーム。コマにトサカを付けてキュートにしたものが2003年に作られ、何度も再版されてきた。日本でも輸入版が流通していたが、昨年秋にTV番組「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!」で遊ぶ風景が放映され、人気が急上昇している。

3×3のマス盤面に相手よりも早く縦・横・斜めの1列を作ったほうが勝つ三目並べ。自分の番には手持ちのコマを盤面の空いているマスに配置するか、サイズが大中小の3種類あり、より小さいコマにかぶせることもできる。前に置いたコマを移動することもできるが、下から思わぬコマが出てきて負けてしまうかもしれない。

運の要素のないゲームだが、あちこちでうっかりが起こりやすく、5分ほどで決着する。集中力だけでなく、空きマスにどのサイズを置くのか、相手がどのサイズのコマを残しているのか、先読みと記憶力も試される。

すごろくや:ゴブレット・ゴブラーズ

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください