たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ(Instant Proposal)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ごめん、これしか思いつかなかった

instantproposal.jpg
「君は猫、僕を犬、我慢できないんだ大切にするよ」

配られたカードを組み合わせて、即席でプロポーズのメッセージを作るコミュニケーションゲーム。ゲームマーケット2018春に札幌のボードゲームサークルが発表したもので、非常に話題となり、初版は瞬殺。第2版も完売となり、現在第3版待ちである(もうちょっと待てば定価で買えるだろう)。その間、ゲームマーケット大賞で優秀作品に選ばれ、ゲームマーケット2018秋だけでも2日で1000個以上を売り上げた。

人気の原因は分かりやすさ、遊びやすさ、おかしさである。親が10数える間にカードを組み合わせるのはちょっと慌ただしいが、みんな出来ていないようであれば、親は数え方をゆっくりにしたりして対応できる。

大事なのはヒネリをきかせることではなく、慌てて作ることだ。あまりいいものができなくても時間のせいにできるし、意図せずして味わいを生み出すこともある。「こんな下手でいいんだろうか」などと迷うヒマもないから、発表でスベっても大丈夫。

できあがったら1人ずつ発表し、親に指輪を差し出して求婚する。親はその中から気に入ったものを1つ、独断と偏見で選ぶ。こうして3回選んでもらった人の勝ち。キザなもの、笑えるもの、ナンセンスなもの、シモネタなど、さまざまなプロポーズが飛び出して、そのたびに笑いの渦が巻き起こる。

男性だけ、女性だけですると虚しいのではないかという心配は無用だ。かえって遠慮のない、思い切ったプロポーズが飛び出すかもしれない。むしろ婚活イベントなどで本気で結婚を考えている人や、本命の相手がいるところで出すほうが心配なくらいだ。このゲームが本当の結婚につながることはないとは言わないが、それはさておいて、どんな相手であれカジュアルに、遊び心いっぱいでプレイするのが楽しい。

たった今考えたプロポーズの言葉を君に捧ぐよ
daipo/CRIMAGE(2018年)
3~6人用/13歳以上/15~30分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください