キックスターターのテーブルトップゲーム部門が1億6500万ドル

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

クランドファンディングサイト「キックスターター」のテーブルトップゲーム部門は2018年、1億6500万ドル(183億円)の資金を集めたことが、ゲームサイト「Polygon」の調査によって明らかになった。2017年の1億3777万ドルから2723万ドル(前年比19.8%)の増。

テーブルトップゲーム部門にはボードゲーム、ミニチュアゲーム、カードゲーム、テーブルトークロールプレイングゲームが含まれる。合計で2337のプロジェクトが目標を達成しており、平均すると1プロジェクトあたり約7万ドル(770万円)が出資されたことになる。ビデオゲームのプロジェクトと比較すると総額で10倍、1プロジェクトあたりでも1.6倍。ビデオゲームの出資額が減少傾向にあるのと対照的になっている。

テーブルトップゲーム部門で昨年最も資金を集めたの『テインテッド・グレイル:アバロンの陥落(Tainted Grail: The Fall of Avalon)』で、歴代4位となる632万ドル(7億円)。ほかにも『バットマン:ゴッサムシティ史(Batman: Gotham City Chronicles)』が440万ドル、『ネメシス(Nemesis)』が428万ドルで歴代トップ10に入っている。いずれも精巧なフィギュアのついたボードゲームだ。日本からは昨年、アークライトの『デカスレイヤー』が485万円、ホビージャパンの『老師敬服』が220万円を集めて製品化・一般発売された。

テーブルトップ部門の出資総額は2015年の8460万ドルから、2016年には1億12万ドル、2017年には1億3777万ドルと著しい成長を見せており、この調子で伸びれば今年は2億ドル(220億円)に到達する勢いだ。

Polygon: Tabletop games dominated Kickstarter in 2018, while video games declined

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください