天子ぎりぎりまで近付け!『ライナー・クニツィアのSAKURA』日本語版、3月14日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

sakuraJ.jpgアークライトは3月14日、『ライナー・クニツィアのSAKURA(Sakura)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、イラスト・K.ホン、2~6人用、10歳以上、20~40分、3200円(税別)。

オリジナルはオスプレイゲームズ(イギリス)から昨年発売された。皇宮おかかえの絵師となって、春の庭園を歩く天子を桜の前のベストポジションで描くことを競う日本テーマのボードゲーム。

各プレイヤーは、手札から1枚を同時に選び、カードのナンバー順に自分のプレイヤーコマと天子コマを移動させる。途中のマスでところどころ得点計算を行い、最終的には桜の木にたどり着いたとき、天子ももっとも近いプレイヤーが名声を得るが、近づきすぎると天子にぶつかってしまい、トークンを捨てなければならない。

ナンバー順が小さければある程度の予想は立てられるが、大きくなるほどほかのプレイヤーの思惑を読まなくてはならない。裏の裏をかくような運要素のコントロールが鍵となるライトな戦略ゲームである。天子の動きを見極めて、ライバルより一歩前に出るのは誰か?

内容物、ルール説明書1枚、ゲーム盤1枚、褒美トークン54個、プレイヤーコマ6個、天子コマ1個、カード60枚(※カードサイズ:58mm×89mm)

sakuraJ2.jpg

リンクフリー このバナーをお使いください