ローカライズ版『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』3月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

thegameobake.jpgアークライトは3月28日、『THE GAME オバケやしきのすうじのアクマ』を発売する。ゲームデザイン・S.ベンドルフ、イラスト・326、1~6人用、8歳以上、15~30分、2000円(税別)。

2015年にニュルンベルガー・シュピールカルテン社(ドイツ)から発売され、ドイツ年間ゲーム大賞にノミネートされた協力数字並べカードゲームのローカライズ版。数字が言えないという制限の中で、アクマを封印する。

4列の場札は、1から数字を上げていく列が2列、100から数字を下げていく列が2列ある。自分の番になったら、手札からカードを場の列に置いていくが、列によって前に置かれたカードより数字が大きく(小さく)なるように置かなければならない。だんだん置けるカードがなくなっていき、誰か1人でも手札が置けなくなったらゲームオーバーとなる。成績は出せなかったカードの枚数で、10枚以上で終えることを目指す。

プレイヤー同士の相談はできるが、カードの数字を言ってはいけないのがルール。コミュニケーションの工夫が求められる。前のカードより±10のカードを出せば数字を戻せるというルールをどれくらい使えるかがポイントだ。

イラストは悪魔とドクロがおどろおどろしいオリジナル版から、可愛らしいオバケのポップなものに変更。これまでイラストが怖くて遊べなかった人も、新しいフィーリングで存分に協力を楽しめるだろう。

内容物:数字カード98枚、手番順カード1枚、ルール早見表カード6枚、オープニングカード1枚、エンディングカード3枚(カードサイズ:59×91mm)、魔法陣シート1枚、遊び方説明書1枚、白紙カード9枚

thegameobake2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください