9年ぶりのリメイク『アーカムホラー』日本語版、4月25日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは4月25日、『アーカムホラー(Arkham Horror、第3版)』の日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.ラウニウス&N.ヴァレンス&K.ウィルソン、イラスト・A.フィネア、1~6人用、14歳以上、120~180分、7800円(税別)。

オリジナルは1987年に発売され、ファンタジーフライト社(アメリカ)がリメイクしたクトゥルフ神話の協力ゲーム。第3版が昨年発表になり、これに基づいて日本語版が2010年以来、9年ぶりに発売されることになった。

舞台は1926年のマサチューセッツ州アーカム。プレイヤーは探索者となってアーカムの街路を探索し、奇妙な場所や、奇妙な人々、そして奇妙な生き物と遭遇する。必要な手がかりや、攻撃に必要なアイテムなどを得て、正気度と体力がなくなる前にポータルを閉じて「エンシェントワン」の行動を妨害しなければならない。

続編である『エルドリッチ・ホラー』の要素も引き継ぎ、最初の装備がキャラクター固有になったり、手がかりは遭遇によって手に入り研究アクションによって有効になったり、毎回シナリオが変わったりするするなど、第2版から大きく変更が加えられている。

内容物:区域タイル5枚、街路タイル7枚、探索者シート12枚、カード469枚、探索者コマ12個、スタンド12個(※カードサイズ小41mm×64mm、大58×89mm)、イベントデッキホルダー1個、ダイス6個、トークン265個、シナリオシート4枚、ビギナーズガイド1冊、リファレンスガイド1冊

arkhamhorror3J2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください