日本のボードゲームシーンを伝える動画「ヒデンゲン」(2)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

日本を題材とした映像をYoutubeで配信しているアルシペルは22日、日本のボードゲームシーンをテーマとしたシリーズ「ヒデンゲン」のエピソード2を開始した。グラフィック&ゲームデザイナーのYACOYON氏が案内人となって、日本のアナログゲーム業界の人物を紹介していく。日英対応で、随所に都内の美しい風景が挿入され、海外にもアピールする内容となっている。

第2回はボードゲームメーカー。テンデイズゲームズの田中誠氏、オインクゲームズの佐々木隼氏、アークライトゲームズの福本皇祐氏がそれぞれの立場でボードゲーム製作の近年の変化やゲームマーケットなどについてインタビューに答えている。

日本のボードゲーム市場を「60億とか70億(円)あるか」と推測する福本氏は海外展開に言及する一方、佐々木氏はブームが下火になったとしてもファンを念頭に「やり方を変えずに淡々と作っていく」と話し、田中氏は海外で話題になっている作品を紹介して、「日本は、ボードゲームを遊ぶっていうことでいえばすごく恵まれているなって思ってほしい」というように、方向性は三者三様ながら輝いた目の中に、今後の日本のボードゲームシーンへの期待も膨らむ。

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください