日本ボードゲーム大賞2018に『コードネーム・デュエット』『テラフォーミング・マーズ』

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

NPO法人世界のボードゲームを広める会「ゆうもあ」は9日、日本ボードゲーム大賞2018を発表した。選考部門(ゆうもあ賞)には『コードネーム・デュエット』、投票部門には『テラフォーミング・マーズ』が選ばれた。

今年で17回目を迎える日本ボードゲーム大賞。昨年1年間に日本国内で新発売された国産・日本語版・輸入・同人ゲーム345タイトルの中から大賞を選んだ。

投票部門は昨年12月から今年2月まで、約2ヶ月にわたってネットなどで行われ、39都道府県から224名(昨年比+21名)が参加した。各自ベスト5まで記入できる方式で、1位5点、2位4点、3位3点・・・として集計した結果、『テラフォーミングマーズ』が1位となった。火星の開拓をテーマにした2時間クラスのボードゲームで、一昨年のドイツゲーム賞を受賞し、アークライトから日本語版が発売されている。

2位には僅差で『アズール』。3位以下の順位は下記の通り。例年海外ゲームが独占するが、今年は5位の『ヒト+イロ』をはじめ、10位以内に国産ゲームが5タイトルも入った。同人ゲームカテゴリーでは『アルペンツィアン』が最高得点。

選考部門(ゆうもあ賞)は、ゲームをあまり遊ばない家族向けにゆうもあがお薦めする作品。大賞に選ばれた『コードネーム・デュエット』は、ヒントを出しあってお目当てのカードを当てる2人用協力ゲーム。多人数でも遊べるところが評価されたという。ノミネートには『雲の上のユニコーン・デラックス』と『ヒト+イロ』が選ばれている。

【日本ボードゲーム大賞2019】
選考部門
ゆうもあ賞:コードネーム:デュエット(Codenames: Duet)
ノミネート:雲の上のユニコーン・デラックス(Einhorn Glitzerglück : Eine Party für Rosalie)
ノミネート:ヒト+イロ

投票部門
大賞:テラフォーミング・マーズ(Terraforming Mars)238点 (得票率:26.14%)
2位:アズール(Azul)235点 (得票率:26.56%)
3位:サイズ - 大鎌戦役 -(Scythe)179点 (得票率:19.09%)
4位:クアックサルバー(Die Quacksalber von Quedlinburg)139点
5位:ヒト+イロ 97点
6位:テラミスティカ:ガイアプロジェクト(Gaia Project)82点
7位:タイムボム 77点
8位:東京サイドキック 76点
9位:ワードスナイパー 74点
10位:シャドウレイダーズ 61点

NPOゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2018 ゆうもあ賞 決定 link
NPOゆうもあ:日本ボードゲーム大賞2018 投票部門 発表! link

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください