貨物列車に積んで手渡して『レイル・パス』5月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビージャパンは5月下旬、リアルタイム協力ゲーム『レイル・パス(Rail Pass)』(日本語説明書付き英語版)を発売する。ゲームデザイン・R.T.グリーン、イラスト・M.クリストファー、2~6人用、5~10分、6000円(税別)。

マーキュリーゲームズ(アメリカ)が今年発売するパーティゲーム。時間内にできるだけ多くの荷物を貨物列車に載せ、目的地に送り届ける。

貨物を表すキューブの色は目的地となる都市をあらわしていて、各都市ボードの貨物置場に一列でランダムに配置されている。列車にキューブを積載するときは、右端、もしくは左端から順に積み、順番を考えて2種類の列車に積載しなければならない。

また、列車を運行するのに必要な従業員ペグは隣の都市には移動できないという制約がある。そのため、より遠くへ貨物を輸送するには、停車駅で列車間の従業員ペグや貨物を交換しなければならない。

プレイヤーは各都市を担当し、配列を考えて効率よく貨物を手渡しで配送するが、制限時間は10分。さらに積載と配送の手順を考えるだけではなく、貨物を積載するときや、貨物を積載した列車をほかのプレイヤーに手渡すときにキューブを落とさないようにも気をつけなければならない。

12台の列車のミニチュアが入り、コンポーネントも独特なリアルタイムのアクションパズルゲームだ。

railpass.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください