『チーキーモンキー』日本語版、コンパクトになって再版

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

cheekymonkey2J.jpgアークライトは5月30日、『チーキーモンキー(Cheeky Monkey)』新版を日本語版で発売する。ゲームデザイン・R.クニツィア、2~6人用、7歳以上、15分、3000円(税別)。

R.クニツィアがデザインし、2007年にフェイス2フェイスゲームズ(アメリカ)から発売され、グリフォンゲームズ(アメリカ)との共同制作でアークライトから2012年に日本語版が発売されている。今回の新版ではぬいぐるみ風のサルの袋が布袋に変わり、箱がコンパクトになって値段も下がった。

自分の番になったら、袋の中から好きなだけチップを引き、自分の手元に積み上げる。ただし同じ動物が出てしまうとバーストとなり、自分の番に引いたチップは全て没収されてしまう。最後に、種類別に集めた動物の多い人が得点できる。

動物は種類ごとに枚数が異なり、他の人と同じチップを引くとその人から奪えたり、タイトルにもなっているサルでほかの動物と交換できたりするので、逆転もある。もう1枚引くか、それともここでやめるか、度胸が試されるゲームだ。

内容物:動物チップ52枚、ルールタイル3枚、ボーナスタイル8枚、布袋1枚

cheekymonkey2J2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください