フリーゼのFFシリーズ第3弾『緑の国のアリス』日本語版、5月16日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

fluchtJ.jpgアークライトは5月16日、カードゲーム『緑の国のアリス(Fast Forward: Flucht)』を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト、1~4人用、12歳以上、75~90分、1800円(税別)。

タイトルが"F"で全て始まることで知られるフリーゼ(2Fシュピーレ)が2017年に始めた「ファストフォワード(早送り)」シリーズの第3弾。『緑の幽霊屋敷』『緑の召喚術師』に続いて3ヶ月連続の日本語版発売となる。カードをめくるたびにルールが順次明らかになっていくことでルールブックを読まずにゲームを始められ、途中でセーブして続きが遊べる仕組み(「フェイブル・システム」)がシリーズ全体の特徴。

不思議の国のアリスのキャラクターたちが、追いかけてくる緑の怪物からひたすらチームで逃げる協力ゲーム。全ての章を終えて生き残ることはできるだろうか?

各プレイヤーがキャラクターを担当し、カードを1枚ずつ持ってスタート。順番に山札からカードを引いて指示に従う。「緑の怪物」カードをもっているプレイヤーが、手番になったら敗北なので、そうならないようにプレイ順を変えたり、スキップしたり、カードを移動したりしてやりくりする。カードの効果を使ったパズルが楽しめる。

デッキは何章かに分かれており、最後までプレイすると1時間以上かかるが、途中でセーブして再開することもできる。また、作者が「繰り返し遊べるレガシーシステム」と呼んでいるように、最後まで遊んでもまた最初から同じ山札の順番で異なる展開が楽しめるゲームだ。

内容物:特大カード90枚(※カードサイズ:70mm×110mm)、透明の仕分け袋1枚

fluchtJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください