全ての形容詞に当てはまるもの?『さまことばカードゲーム』3月29日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは3月29日、ワードゲーム『さまことばカードゲーム(Quick Eye)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・M.アレクサンドロヴァ&D.エルマコヴァ、アートワーク・A.ヒデケル、1~10人用、5才以上、15分、1200円(税別)。

形容詞に合う言葉をひねり出すカードゲーム。『ナンジャモンジャ』の版元であるシンプルルールズ社(ロシア)から2011年に発売され、これまでは日本語シール付きで輸入版が流通していた。『こんなものどんなもの(Ein solches Ding, 1989)』の系統で、ボードゲームをひねり出す『ルドフィール(Ludoviel, 2003)』、有名人をひねり出す『フェイム・アス(Fame Us, 2011年)』などに連なる作品だが、分かりやすい形容詞を集めてキッズ向きになっている。

「柔らかい」「重い」といった形容詞のお題が次々と増えていく中で、そのすべてに当てはまるような回答を思いつくことでカードを獲得し、集めた枚数を競う。手番には新しいカードをめくって足すか、手元のカードを回収する。足した場合、全ての形容詞に当てはまる言葉を言わなければならない。みんなが納得すればOK。

ばらばらの形容詞に、自由な発想とひらめきが試されるキッズゲーム。形容詞カードはイメージが湧くような文字デザインとキツネ入りで1枚1枚描き分けられており、英語と日本語に、発音記号と発音表記も記載。いろいろな国の人たちと一緒でも楽しめるようになっている。

すごろくやゲーム紹介:さまことばカードゲーム / Quick Eye

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください