遊ぶたびに進化『ゾンビキッズ:進化の封印』日本語版、4月中旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

すごろくやは4月中旬、レガシー系協力ゲーム『ゾンビキッズ:進化の封印(Zombie Kidz Evolution)』を発売する。ゲームデザイン・A.ロベ、イラスト・ニカオ、2~4人用、7歳以上、15分、2800円(税別)。

『ウェンディゴのこわい話』『デクリプト』『適当なカンケイ』とすごろくやが日本語版を続けて発表しているスコーピオンマスク社(カナダ)が昨秋発売した作品。2013年に発売された『ゾンビキッズ』をリメイクし、レガシー要素を加えた。

プレイヤーは学校を守るヒーローとなり、ゾンビを駆除しつつ、校門4つを施錠することを目指す。

手番にはサイコロを振って出た色の教室にゾンビが入り、自分のヒーローを移動してゾンビを退治する。校門に2人集まれば施錠できるが、ゾンビが増えすぎると敗北となってしまう。ゾンビが3匹いる部屋は入れなくなるので、その前に退治するにはプレイヤーのチームワークが試される。

新基軸として、ゲームが終わるたびに「進行チャート」にシールを貼り、シールが貯まると同封された「進化の封筒」が開封される。封筒は13通あり、ゾンビがさらに凶暴になったり、ヒーローたちに特別な能力を授かったりする。

短時間で遊べて、遊ぶたびにゲーム内容がどんどん進化する内容で、家族でも子供同士でも繰り返し楽しめるボードゲーム。レガシーシステムを用いているが謎解きではなく、初めての人と遊ぶ場合は巻き戻して最初からプレイもできる。

すごろくや:ゾンビキッズ:進化の封印

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください