フリーゼのFFシリーズ第4弾『緑のカジノロワイヤル』日本語版、6月20日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

fatalJ.jpgアークライトは6月20日、『緑のカジノロワイヤル(Fatal)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト・H.リースケ、3~5人用、10歳以上、15分、1800円(税別)。

タイトルが"F"で全て始まることで知られるフリーゼ(2Fシュピーレ)が2017年に始めた「ファストフォワード(早送り)」シリーズの第4弾。『緑の幽霊屋敷』『緑の召喚術師』『緑の国のアリス』に続いて4ヶ月連続の日本語版発売となる。カードをめくるたびにルールが順次明らかになっていくことでルールブックを読まずにゲームを始められ、途中でセーブして続きが遊べる仕組み(「フェイブル・システム」)がシリーズ全体の特徴。

プレイヤーはギャンブラーとして、3枚の手札を交換して一番強い手札を作ることを目指す。山札か捨て札から引いて強い手札を作っていき、3枚の合計で勝負するが、カードによってボーナスが追加されたり、途中でルールが変更されたりしていく。

引くべきか、止めるべきか、奥の深い駆け引きと次々に状況の変わるライブ感が魅力のカードゲームだ。

内容物:特大カード90枚(※カードサイズ:70mm×110mm)、透明の仕分け袋1枚

fatalJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください