フリーゼのデッキ解体ゲーム『サンドキャッスル』日本語版、7月11日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

feinersandJ.jpgアークライトは7月11日、デッキ解体ゲーム『サンドキャッスル(Feiner Sand)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト・H.リースケ、1~4人用、10歳以上、30分、3600円(税別)。

意欲的な作品を作り続けるF.フリーゼが昨年のエッセン・シュピールで発表した作品。デッキ構築ではなく、デッキ解体というシステムで砂の城を作る。

最初に全員がもっているデッキは同じ構成。手札から砂の城を作り、コストとして残りの手札を捨て札にする。山札がなくなったら捨て札をシャッフルして新たな山札を作り、デッキが循環する。砂の城にするか、となりのプレイヤーにプレゼントして、いち早くデッキをなくすことを目指す。

砂の城は山札から引けるカード枚数、1回の手番で作れる砂の城の数、次の手番に持ち越せる手札枚数を増やしたり、コストを下げたりする効果があり、どの順番で建設するかが勝敗を分ける。さらに、ゲームごとに一部のカードを入れ替え、新しいカードがデッキに入るため、ゲームごとに異なる展開が楽しめる。

ゲームごとに一部のカードが入れ替わっていくシステムは、フリーゼが『フルーツジュース』以来取り組んでおり、『ファーストフォーワード』シリーズでも用いられている。次にどんなカードが入ってくるか、今までのカードとのコンボはできるか、戦略を練るのも面白い。

プレイ時間を短縮するため、手番ごとに同時プレイすることになっており、続けて何回かゲームができるようになっている。さらにはソロプレイ・キャンペーンルールもあり、10回のゲームで高得点を目指すプレイも楽しめる。

内容物:カード236枚(カードサイズ56×87mm)、プレイヤーボード4枚、カードディスク4枚、コイン25枚、リング4個、ルール説明書1冊

feinersandJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください