ハビタッツ(Habitats)

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

自然公園のパズル

habitats.jpg

地形環境を整えて、珍しい動物たちがたくさん住める自然公園を作るタイル配置ゲーム。クワリ(オランダ)が2016年に発売して以来、毎年新版が出ている。今回遊んだのは2018年の第3版。クワリ特有の素朴な作りがストレートにゲームの面白さにつながっている。

タイルは中央に並んだ中から、自分のコマを前か左右に移動して取る。最大で3択、ほしいタイルが取れるとは限らない。

獲得したタイルは自分の前に並べる。基本は動物タイルで、周辺に指定された草原、森林、湖、乾燥地、花畑を作らなければならない。面白いところは、隣接するタイルから連続してつながっていればその全てが条件に含まれるところ。高得点の動物タイルは、このつながり方が重要になる。

また、その動物タイル自体にも地形があり、隣接する動物タイルに影響するところも面白い。相性の良い組み合わせだと、環境が整いやすい。

動物のほかにも、湖や森林の広さや数が得点になるタイルや、縦横斜め一列に環境が整った動物でボーナスが入るタイル、指定された辺に全てタイルを置ければ得点になるタイルがある。これらを矛盾なく並べるのは非常に頭を悩ませる。

規定数のタイルを置くとラウンドが終わり、予め発表されていたそのラウンドの条件(エリアの広さや長さや数など)をよく達成した人にボーナスが与えられる。

5人プレイで1時間程度。次に取れそうなタイルはだいたい目星がつくが、それをどこに置いたらいいか悩ましい。しかもタイルが増えるにつれて「この場所にはもうこの地形しか置けない」というところが多くなっていき、さらにラウンドのボーナス条件や前のプレイヤーの状況や取りたいタイルも併せて考えるのは、難易度の高いパズルゲームである。その分ゲームが終わった後の達成感がすごい。

Habitats
ゲームデザイン・C.ファン・モーセル/イラスト・S.トゥ
クワリ(2016年)
2~5人用/10歳以上/30~50分

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください