崩れそうで崩れない『スティックスタック』日本語版、5月28日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

ホビーベースイエローサブマリンは5月28日、バランスゲーム『スティックスタック(Stick Stack)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・F.P.クリエイティブ&B.ロス&J.ウィンスロー、2人以上、8歳以上、30分、2900円(税別)。

オリジナルはワンダーフォージ社(アメリカ)が2016年に発売した作品。来月、アークライトから日本語版が発売される『サスピション:怪盗が多すぎる』と同じ出版社とデザインチームである。韓国語、スペイン語、中国語版が製作されており、今後はタイやインドネシアなど、東南アジア向けの発売も予定されている。

袋の中にスティックが入っており、1本引いて、色を合わせて細い棒の上にあるトレイに配置する。タワーはぐらぐらしており、スティックを積み上げるのは容易ではない。崩してしまったら負け。

先週末に行われたゲームマーケット2019春ではイエローサブマリンブースにて先行発売と試遊会が行われ、子供から大人まで楽しんだ。スティックを交差させることで多く配置でき、その分崩れそうで崩れないスリルがある。


コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください