ランドルフの競り&陣取り『ビッグショット』日本語版8月8日発売→8月22日

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

Engamesは8月8日22日、オークションと陣取りのボードゲーム『ビッグショット(Big Shot)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・A.ランドルフ、イラスト・D.リー、2~4人用、8歳以上、45分、3000円(税別)。

オリジナルはラベンスバーガー社(ドイツ)から2001年に発売された作品。故・アレックス・ランドルフ(1922-2004)の隠れた名作と言われる。昨年、オープンプレイ社(韓国)が17年ぶりにアートワークを一新して再版し、今回はその日本語版となる。不動産バブルに沸く都市で、投資家となってオークションで街区を取り合う。

手番にはサイコロを振って、どのコマを競りにかけるか決める。コマは4つ1組で競り落とされ、競り落としたプレイヤーが街区の好きなところに配置する。1つの街区に7つのコマが置かれたら、その街区に最も多くコマを置いているプレイヤーのものになるが、トップタイの場合は、『はげたかのえじき』方式で次点のプレイヤーのものになってしまう。

競りに使うお金は借金もできるが、利息の取立てが厳しくて現金がどんどんなくなっていく上に、街区の利益はゲーム終了時まで入ってこない。他のプレイヤーに任せていいところなのか、絶対取らないといけないところなのか、見極めが肝心となる。

オークション+バッティングという、古典的な要素の組み合わせが織りなすジレンマがゲーマーの心をくすぐる一作、アートワークもパステルカラーで一新されている。

内容物:ゲームボード1枚、キューブ72個、マーカー1個、コイン45枚、プレイヤートークン4個、-10トークン30個、売却済みトークン13枚、ダイス1個

Engames:【予約】ビッグショット【8月8日発売予定】

bigshotJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください