ダンジョンを探索してレベルアップ『マッシヴ・ダークネス』日本語版8月8日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

アークライトは協力型ダンジョン探索ゲーム『マッシヴ・ダークネス(Massive Darkness)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・R.グイトン&J.B.ルリアン&N.ラオール、イラスト・E.グイトン&J.ヘンドリクス、1~6人用、14歳以上、120分、14200円(税別)。

『ゾンビサイド』のデザイナーチームがデザインし、CMON社(シンガポール)からキックスターターを経て2017年に発売された作品。数多くのミニチュアが付属し、それに基づいて同じ年に拡張セットが発売されている。

プレイヤーはクエストを選び、勇者を1人ずつ選んで全員で漆黒の地下迷宮へと降りてゆく。闇の中をさまよいながら、待ち受ける守備隊や徘徊する怪物と戦い、経験点や伝説的な武器を獲得する。クエストをクリアし、経験点を用いて成長させ、ライトブリンガー〈光もたらす者〉と呼ばれる栄えある存在を目指そう。

勇者は、ドワーフ、エルフなど個性豊かな種族とクラスを組み合わせて選ぶことができ、難易度の異なるクエストも10本収録(オリジナルシナリオも作成可能)。精巧で躍動感のあるミニチュアによって、臨場感のある冒険を楽しめる。
 
内容物:ミニチュア75体、両面仕様の地図タイル9枚、ステータスボード6枚、クラスシート6束、カラーベース6個、特製の戦闘ダイス12個、マーカー18個・トークン類106個、ルール&クエスト集1冊、カード299枚(カードサイズ(mm):89 × 63.5(6枚)63.5 × 89(62枚)41.5 × 63.5(231枚))

massivedarknessJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください