ルール追加とプレイアビリティ向上『電力会社:充電完了!』日本語版、7月18日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

powergridreJ.jpgアークライトは7月18日、『電力会社:充電完了!(Power Grid: Recharged Edition)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・F.フリーゼ、イラスト・マウラ=カルスキー、2~6人用、12歳以上、120分、5600円(税別)。

電力会社の経営者となって、発電所を買い、電力を生み出し、都市に届ける戦略ボードゲーム。充電完了版はドイツ語版では第3版、英語版では第5版として世界で今年発売される最新のもので、日本語版としては2010年以来9年ぶりの再版となる。

手に汗握る発電所のオークション、しのぎを削る電力網の陣取り競争といった魅力はそのままに、アメリカ/ドイツの各マップごとの特殊ルールや、リアルな資源コマ、2人用ルール「コンツェルンとの競合」などを収録する。また資源の補充数を記した「資源補充カード」や、ラウンドの区切りがわかる木駒が追加され、遊びやすさが大幅アップしている。

内容物:両面仕様のゲーム盤1枚、カード類54枚、都市コマ132個、資源トークン84個、オークション・ハンマー1個、割引マーカー1個、第2ステージ仕切り1個、ゲーム終了仕切り1個、紙幣120枚、ルールブック1冊(※カードサイズ70×70mm)

powergridreJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください