ボードを傾けてゴールを目指そう『スライドクエスト』日本語版、6月9日発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

テンデイズゲームズは6月9日、アクション協力ゲーム『スライドクエスト(Slide Quest)』日本語版を発売した。ゲームデザイン・J.F.ルシャス&N.ブルゴワン、イラスト・S.エスカパ、1~4人用、7歳以上、15~45分、3600円(税別)。

ブルーオレンジゲームズ(フランス)から今年発売された作品。自分の手元にある棒で4方向からボードを傾け、騎士である冒険者をゴールにたどり着かせ、王国を救うことを目指す。

冒険者は裏にボールが仕込まれており、ボードを傾けることでボード上を滑る。プレイヤーは息をあわせ、ボードをうまく傾けて、敵を倒し、地面に開いた穴や作、爆弾を避けてゴールを目指す。

ボードは難易度別に両面仕様で全20面。アクション要素と協力要素をかけあわせた、思いもよらない冒険者の動きに一喜一憂できる作品だ。

内容物:ボード1枚、レバー4つ、マップ20面、冒険者コマ1個、障害物8個、罠9個、ライフカウンター1個、ハートマーカー1個、ゲームセイバー1個

テンデイズゲームズ:スライドクエスト

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください