『ツインイット! ゲーマーズエディション』日本語版、6月下旬発売

 このエントリーをはてなブックマークに追加    

twinitgeJ.jpgホビージャパンは6月下旬、『ツインイット! ゲーマーズエディション(Twin it: édition jeux de société)』日本語版を発売する。ゲームデザイン・N.ソーニエ&R.ソーニエ&T.ヴァルシェー、グラフィックデザイン・T.ヴァルシェー、2~6人用、6歳以上、30分、2200円(税別)。

『ジャングルスピード』のヴァルシェーによるリアルタイムパターン認識ゲームのテーマバージョン。順番に自分の山札から1枚ずつカードをめくってテーブルの上に出していき、同じ絵柄のカード2枚が出現したら、早い者勝ちでそのカードを取る。

ルールは『ツインイット!』と同じだが、有名なボードゲームをあしらったデザインになっており、ボードゲーム愛好者にはたまらないものとなっている。競技モード(個人戦)、チーム戦、協力ゲームの3つのモードで楽しめる。

収録されているのは『バックギャモン』『ウノ』『ジェンガ』『人狼』のような古典から、『世界の七不思議』『アグリコラ』『カルカソンヌ』『ドミニオン』のような傑作、『ラブレター』『ピクテル』などの日本ゲーム、さらに『アズール』『ザ・マインド』『ウェルカムトゥ...』など最新作まで119種類。デザインの仕方はこれらのゲームを知っている人ならば分かるというもので、まさにゲーマー向けの作品となっている。

内容物:両面に絵柄が表示されたカード135枚、ルールシート1部

twinitgeJ2.jpg

コメントする

リンクフリー このバナーをお使いください